夏の外遊びは要注意……子どもの肌を守る《紫外線対策》を再確認!

夏の外遊びは要注意……子どもの肌を守る《紫外線対策》を再確認!

「日焼けは子どものシンボル」とされていたのは、1998年までであることをご存知ですか?

日光と上手に向き合いつつ、夏の子どもの肌を守る、効果的な紫外線対策をご紹介します。

子どものお肌はデリケート!紫外線対策でしっかり守ってあげましょう♪

紫外線が強く、子どもを外に出すのも怖いと感じてしまう季節がやってきました。

なるべく外へ出ないようにしたとしても、全く外出しないのは難しいですよね。

子どもの皮膚は、大人と比べてとても薄く、デリケートだからこそ、夏に外遊びをする際には、入念な紫外線対策が必要です。

日光浴が健康に良いとされ、「日焼けは子どものシンボル」と言われていたのは、昔の話。

実は、母子手帳への日光浴のすすめの記載も、1998年の段階で削除されています。

日焼けが子どもの肌にとってNGな理由って?

とてもデリケートな子どもの肌。紫外線を浴びすぎることによる有毒性も、注目されています。

紫外線は、皮脂細胞のDNAを傷つけると言われていますが、その中でも特に乳幼児の肌は刺激に弱く、この紫外線の影響を受けやすいのです。

強い紫外線を受け、日焼けを繰り返すことで、シミやシワなどの肌への影響だけでなく、免疫力が低下してしまったり、皮膚がんの原因になるとも言われています。

子どもの肌を守る《紫外線対策》

では、子どもの肌を強い紫外線や日焼けから守るためには、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

✔こまめに日焼け止めを塗りなおす
✔なるべく日陰を選んで歩く
✔10時から14時頃までの外出を控える
✔肌の露出をできるだけ控える
✔つばの広い帽子をかぶせる

基本的なことが多いですが、すべての項目を守れるように努力するだけで、子どもを危険な紫外線にさらす機会を、大幅に減らすことができます。

この他にも、目から入る紫外線を防止するために、サングラスをかけるのもおすすめです。

すでに日焼けをしてしまったら……どうする!?

では、すでに子どもが日焼けをして、肌が赤くなってしまった場合には、どうしたらよいのでしょうか。

日焼けの状態は、言わばやけどと同じようなもの。肌が炎症を起こしているから、赤くなってしまうのです。

まずは、冷やすことで炎症を和らげることができます。

日焼けした肌を冷やすには、氷水に浸したタオルを絞って、患部に当てましょう。

常に冷たいタオルを使用したいので、何枚かタオルを用意して、交互に使用すると良いでしょう。

肌が冷えるまでこれを続け、様子を見ます。

様子を見て、症状が良くならなかったり、水膨れになってしまう時には、皮膚科や小児科を受診することをおすすめします。

その時には、肌の炎症状態をスマホなどで撮影しておくと、スムーズに受診することができますよ。
外でたくさん遊びたい子どもの気持ちとは裏腹に、夏は紫外線の問題があります。

なるべく外へ出ないことが好ましいのですが、それでも外へ出る場合には、今回ご紹介した紫外線対策を頭に入れておいて、子どもの肌を守ってあげたいですね♪

子どもの肌 守る 紫外線対策 外遊び 日焼け 日よけ 皮膚病 美白 美肌

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

ブログ♡ http://ameblo.jp/le-secre-de/
インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eri…

>もっとみる