「食べるだけ」じゃダメ?ダイエット効果を高めるチアシードの摂り方

美容

今話題のチアシード。皆さんご存知ですか?
タレントのローラさんやモデルの道端アンジェリカさんが愛用していることで人気となったチアシード。
とってもダイエットに向いている食材でありながら、間違った使い方をする事で身体へのリスクも出てくる食材でもあります。
今回は上手なチアシードの摂り方をご紹介(^^)

チアシードのダイエット効果① チアシードって何?

引用:kenkoukazoku.info

チアシードはミントの仲間で、《チア》という植物の種。
多くはアメリカの南部やメキシコあたりで育てられています。最近になって話題となった食材ですが、チアシードは古代から食べられている歴史のある食材なんですよ。

人間が生きていくために必要な栄養素が、たっぷりバランス良く含まれているので、奇跡の食材とも呼ばれているんです。チアシードの大きさはゴマよりも少し細かなサイズ。種類は2種類あり、黒色をしたブラックチアシードと白色のホワイトチアシードがあります。

大きな味や栄養素の違いはありませんが、ホワイトチアシードの方が必須脂肪酸であるα-リノレン酸を多く含んでいます。また、黒いと見た目が少しグロテスクに感じますが、白色でしたらあまり抵抗感もなく取り入れる事が出来るかもしれませんね。

チアシードのダイエット効果② 栄養価が高い&食物繊維豊富

引用:celina.jp

栄養価はミラクルシードと呼ばれるほど豊富なチアシード。
たんぱく質、ミネラル、ビタミンB、食物繊維、αリノレン酸などをバランス良く含んだ食材です。

中でもαリノレン酸は私達が不足しがちな栄養素ながら、体内では作り出せない栄養素。
コレステロール値を安定させたり、中性脂肪の増加を抑えてくれるなど生活習慣病の予防にも効果あり!の成分です。

厚生労働省は1日の摂取基準量を、男性では2.1~2.4g、女性では1.8~2.1gと推奨していますが、チアシードであれば大さじ1杯ほどで、1日の推奨摂取量を摂取出来る優れもの!この含有量は自然界ではトップクラスの実力です。

食物繊維も豊富ですので、便秘がちな女性にはぴったり。自然の食材を使って栄養を摂りながら便秘解消を期待出来るのは嬉しいですよね。また、胡麻とは違い殻のままでも栄養素を吸収出来るのも魅力的なポイント♡

チアシードのダイエット効果③ 腹持ちもいい♪

チアシードはそのもの自体に食物繊維が豊富に含まれた成分ですので、お腹がスッキリします。
しかしそれだけでは無いんです!チアシードは水分を含む事で、約15倍にまで膨らむ食材。

チアシードが水を含む事で、グルコマンナンという、こんにゃくと同じようなヌルヌル成分を形成します。チアシードを含んだ水分は、ゼリーやババロアのようにプルプルとした固形に変身します。

お食事前にチアシードを摂れば、お腹でみるみる膨れて満腹になるだけではなく、腹持ちも良いので食べ過ぎも防げる!といったダイエットには嬉しい食材なんですよ♡

チアシードのダイエット効果④ チアシードの注意点は?

ご紹介したチアシード。とっても魅力のある食材ですのでどんどん摂取したくなりますよね(^^)
しかし、摂れば摂るだけ良いのではありません。体内で約15倍にも膨らみますので、チアシードを摂ってからお食事をし、しばらくしたら胃が破裂しそうに膨らんでしまった、なんて事もあるんです。

1日の摂取は10g。大さじ一杯程度に抑えましょう。また摂取してから1時間は、お食事を控えるのがベストですよ!最初はもう少し少量からはじめて、様子を見て量を増やしていきましょいう。

また、海外の食材という事でしっかりとしたお店で購入するのがオススメ。あまりにも安い輸入品のチアシードには、カビが付着していたなんて事例もあります。

自然の食材ですので、身体に悪影響がある訳ではありませんが、お腹を壊してしまったりと体質に寄っては合わない方やアレルギー体質の方もいます。妊婦や授乳中の人は医師に相談するのがオススメです。

いかがでしたか?
とても魅力的なチアシード(^^)
古代では水とチアシードがあれば生きていける!と言われていた程のスーパー食材。
上手に付き合っていく事で、美しい身体を手に入れられますよ♡