ぜんぶ守れてる?人気アウトドア『キャンプ』の基本マナー5つ

旅行・おでかけ

暖かい春になり、キャンプへ行く方も増えているかと思います。初心者キャンパーにとっては、キャンプマナーが気になりますよね。

アウトドアだから何でも自由、というわけではありません。周りのキャンパーも含め、キャンプ場にいるみんなが楽しむためにも、それぞれの心がけが大切になります。

簡単なマナーではありますが、キャンプの基本マナーについてご紹介します。

YACO☆
YACO☆
2016.04.18

《キャンプの基本マナー1》ゴミの捨て方

出典:www.amazon.co.jp

キャンプ場を使用する場合、それぞれのキャンプ場ごとに、ごみ捨てのルールがあります。

分別方法、捨てる場所、捨てて良い時間など、指定がある場合が多いので、必ず確認しましょう。

また、キャンプ場によっては、ゴミは全て持ち帰り、といった場所もあります。キャンプ場を使用する全員が、気持ちよく過ごすためにも、指定通りにゴミを処理しましょう。

また、夜間、ゴミを野生動物に荒らされてしまうことも少なくありません。

荒らされる前に、ゴミ捨て場に持っていったり、寝る前にダンボールなどに入れて、荒らされないようにするのがオススメです。

《キャンプの基本マナー2》夜は静かにしよう

出典:zozo.jp

キャンプ場の夜は、とても静かで、物音が響きます。音楽をかけて楽しむのも良いですが、周りに迷惑にならない音量で楽しみましょう。

また、”22時以降は静かにしましょう”など、キャンプ場によっては、就寝時間などの目安があるところもあります。

時間になったら、極力物音を立てないようにし、迷惑にならないよう心がけましょう。

焚き火を囲みながら、コーヒーを飲んで星空を見ているだけでも、自然の音を感じることができて楽しいですよ。

《キャンプの基本マナー3》共同スペースは綺麗に

キャンプ場には、トイレ、炊事場、洗面所など、多くの人が利用する共同スペースがあります。

使用時間を守り、譲り合いながら使用しましょう。

また、次の方に気持ちよく使ってもらうためにも、使用後は、ゴミなどをしっかり片付けて綺麗にしましょう。

《キャンプの基本マナー4》他の人のサイト区画には入らない

出典:www.buyma.com

キャンプ場内での区画は、それぞれの家と同じプライベート空間となります。

勝手に、他の方のサイト区画には入らないのがマナーです。

お子さんがいると、知らない間に別の場所へ行っていることもあるので、周りの方に迷惑がかからないよう、心がけましょう。

《キャンプの基本マナー5》自然を大切に

出典:zozo.jp

自然を楽しむのが、キャンプです。自然を壊さないように、配慮して楽しみましょう。

特に、火を扱う場合、山火事を防ぐために、直火禁止のキャンプ場が多いです。

焚き火台を使用し、寝る前は、火の始末を忘れずにしましょう。

キャンプ場での基本的なマナーをご紹介しましたが、この他にも、それぞれのキャンプ場のルールがあります。キャンプ場へ泊まる際は、事前に確認しましょう。

そして、サイト区画が近い方や、共同スペースで会った方には、挨拶をしたりとコミュニケーションをとっておくと、いざという時に助けてもらえます。マナーを守って、みんなが楽しいキャンプにしましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。