2016年春版♡大人可愛い《ピンクメイク》の法則とは

美容

大人になってもピンクが大好き♡
女の子らしい雰囲気になるピンクは、メイクに使用する機会も多いカラー。しかし、大人になった今、ピンクを多用するメイクは、“若作り”に見えてしまう可能性もある、危険なメイク法なんです!

2016年の春ならではの新しさもある、大人可愛い《ピンクメイクの法則》をご紹介します。

4yuuu!をご覧の読者さんの中でも、「ピンクが大好き♡」という方も多いと思います。

実は私も、その中の一人!でも、大人になるにつれて、ピンクばかりを取り入れたメイクをしていると、少々無理をしているような印象に見えているのでは?と感じるようになりました。

では、大人可愛く見えるピンクメイクってどんなスタイル?そう考えていくと、ある法則にたどり着きました。

メイクは全体で見て♡「ピンクは2割」が大人可愛いの法則!

皆さんはメイクをする時、どんな点に注意をしていますか?

「目を大きく見せたいから、アイメイクに力を入れている!」
「顔色を明るく見せたいから、チークやハイライト重視!」

など、さまざまなこだわりがあることと思います。しかし大人になった今、メイクにおいて一番重要なポイントは、”全体のバランス”です。

仕上がりを鏡で、遠くからチェックしましょう。アイメイクを重視するばかりに、マツエクやつけまつげ、カラコンが目立っていませんか?チークやハイライトだけ、浮いた印象になってはいないでしょうか?

ナチュラル、かつ可愛らしく、生き生きとした印象に見せてくれるメイクの法則が「ピンクは2割」です♡

メイクを全体で見たときの2割ってどれくらいなのか、どんなピンクメイクが大人可愛いのか、といったポイントをご紹介していきます。

ツヤ感のあるピンクシャドーのみでアイメイクが完成♡

引用:www.buyma.com

全体の2割でピンクを取り入れたメイクを楽しむ時にオススメしたいのが、アイシャドーです。

しっかりとピンクの色味を活かしたグラデーションアイメイクでは、老けた印象に見えてしまう可能性があるので、要注意ですよ!

ここでオススメしたいのは、ジェル状のアイシャドーを使った、ナチュラルなアイメイクです。

ピンクのツヤ感のあるシャドーのみで仕上げたアイメイクは、顔がパッと明るく見えて、若々しい印象に見えますよ♡

他のパーツは、いつも通りにメイクするだけでOK!印象が見違えるので、ぜひ試してみてください。

リップのみにアクセントを!青みピンクで美人顔を演出♡

引用:www.buyma.com

もうひとつオススメの「2割ピンク」のメイク法は、リップです。
ツヤ感を活かしたナチュラルな口元も素敵ですが、オススメは、しっかりと色味が入った大人可愛いリップメイクです。

大人になった今、リップに色味が入っているのといないのでは、全体の仕上がりが全く違うんです!

しっかりと色味が入った青みピンクは、つけるだけで美人に見せてくれる優秀カラー!
ナチュラルなメイク×しっかりと色味が入ったリップ、というバランスが今年らしくて、オススメです。

チークのピンクは控えめに♡ほんのりピンクが大人可愛い秘訣!

引用:www.buyma.com

最後にご紹介するのが、ピンクのチークを使った大人可愛いメイクです。

顔色よく見せてくれて、メイク全体を華やかに仕上げてくれるのが、チークの存在。重要なパーツだけに、濃くカラーをのせてしまいがちですが、大人可愛く仕上げるのであれば、ナチュラルなピンクを選ぶのがオススメです。

コーラル系の肌馴染みの良い色を選び、頬全体に入れましょう。
顔色が華やぐだけではなく、年齢相応でありながら、若々しくも見せてくれる効果がありますよ。