「なりたい自分になれる前髪」がわかる!印象イメージ別の3タイプ♡

ヘアサロンに行く時、前髪をどんな風にするか、どれくらいカットするのか迷う女性は多いですよね。

前髪は、他人が最初に自分を見た時に、パッと視界に入るパーツのひとつ。

そして、前髪の長さや厚み、分け方によっても、見た目の印象が大きく変わってきます。

今回は、あなたが目指す「なりたい自分になれる前髪」を一緒に探してみましょう。

なりたい印象イメージ別♡前髪タイプ▶︎ 大人の可愛らしさ『分厚め前髪』

眉が隠れるくらい厚めにとった前髪のヘアスタイルには、以下のような女性に嬉しい効果が期待できます。

・額の広い部分が隠れて小顔に見える

・前髪に視線が集中し、年齢が気になる目元や口元のコンプレックスが目立たちにくくなる

・頰の丸みが強調され、若々しくフレッシュな印象に見える

顔の大部分を締める額をしっかりと隠すため、小顔効果がアップします。

目元の小じわやほうれい線など、気になり始めたエイジングサインも、厚めに下ろした前髪の存在感に視線が集中することで、カモフラージュできます。

また、まっすぐに下ろした厚めの前髪によって平面的な額が隠れて、頰の丸みが強調されることで、可愛らしい印象にも見えます。

前髪だけでなく、サイドもまっすぐのストレートヘアであれば、シャープな印象に見せることもできますよ。

なりたい印象イメージ別♡前髪タイプ▶︎ナチュラルエレガントな『透け感流し前髪』

斜めにすっと流して、サイドから首元に向かって波のような流れを作る前髪のヘアスタイルは、女性らしいカーブを連想させるエレガントな雰囲気になります。

雑誌で活躍中のモデルさんなどにも、多く見られる前髪です。

まっすぐに下ろした直線を感じる分厚めの前髪と違い、やや丸みや肌の透け感を感じることで、ナチュラルな印象も与えます。

ショートヘアからロングヘアまで相性が良いのが、「透け感流し前髪」。

似合うファッションの幅が広く、カジュアルからエレガントまで楽しむことができますよ♪

なりたい印象イメージ別♡前髪タイプ▶︎クールでハンサム『ピタッとタイトめ前髪』

少し難易度が高いのが、フェイスラインにピタッと前髪をなでつけたタイトな前髪のヘアスタイル。

クールでハンサム、濃いリップが似合いそうなイメージです。

難易度が高いと思われがちな前髪ですが、額やフェイスラインを潔く見せてしまうことで、逆に顔周りのラインがすっきりして見えるメリットがあります。

古臭く見せないためには、中途半端な角度で分け目を作らないこと。

オススメは、賢く見える「センターパート」と、セクシーに見える「7 : 3分け」です。

ぐっと大胆な角度を前髪につけることで、洗練された印象に見えます。

タイトな前髪には、ピリッと辛口のメイクとファッションがお似合いです。ジャケットやパンツなどのハンサムコーデと合わせるのがベター!

また、肌を露出させたロングドレスに合わせると、セクシーすぎず、クールでハンサムな独特の魅力を演出することもできますよ。
前髪の長さや厚さ、角度によって、様々なイメージを自由に演出することができます。

寒い時期や真夏に大活躍の帽子をコーデに取り入れるときも、どんな前髪と相性が良いのか、鏡の前で研究してみてはいかがでしょうか。

次にサロンへ行く時には、どんな印象のヘアスタイルに見せたいのか、美容師さんと相談しながら、前髪のオーダーをしてみてくださいね。

前髪 イメージ ヘアスタイル ヘア ヘアアレンジ 小顔

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

大久保 美帆/美Powerプロデューサー

大久保 美帆(おおくぼみほ)

【肩書き】
美Powerプロデューサー

>もっとみる