歯科医が教える《赤ちゃんの歯みがきデビュー》いつからどんな風に?

子育て・ライフスタイル

赤ちゃんの小さなお口に小さな歯が生えてくるのって可愛いですよね。
歯医者さん嫌いなママ、昔虫歯に悩まされたママも多いハズ。そして、我が子に虫歯を作りたいママはいません。歯が生えたらママの不安も一気に増えます。
「歯みがきデビューっていつから?どんな風に?どうやって?」と不安だらけのママに、歯科医としてお伝えしたいと思います。

歯科医が教える《赤ちゃんの歯みがきデビュー》①いつから始めたらいいの?

小さな歯がちょっぴり顔を出してきて、歯茎に白いものが少し見える。さて、歯みがきはいつから始めようかしら。最初の歯が全部顔を出したら?それとも数本生えてから?

歯みがきを始めるタイミングに悩むママも多いようですが、”あ、歯が生えてきた!”と気づいたらすぐその日から始めてください!

え?こんなちょっぴりの歯を磨くの?と思うかもしれませんが、歯の汚れを取るというよりは歯ブラシが口の中に触れる感覚に慣れさせることが目的です。歯茎や唇の裏や頬っぺたの裏に歯ブラシの毛が当たると、最初は強い刺激に感じるものなんですよ。

まずは歯ブラシの感触に慣れさせることが大切。歯を綺麗にするのは二の次で構いません。まだ最初の歯が生え始めた頃は歯を綺麗にするなんて考えなくても大丈夫です。

『とにかく歯ブラシに楽しく遊びながら慣れてもらう』

これが歯みがき嫌いにさせない最大のポイントです!こうしておけば歯が数本生えてきた頃には抵抗なく歯ブラシをお口に入れられるようになります。

歯科医が教える《赤ちゃんの歯みがきデビュー》②どんな歯ブラシで?

赤ちゃん用のゴムの歯ブラシもありますが、そのうち毛の歯ブラシを使っていくのですから、歯ブラシトレーニングは毛の歯ブラシで進めましょう。

まずはオモチャ代わりに歯ブラシを持たせて、自由に遊ばせてみてください。噛んだり舐めたりすることで、自然と歯ブラシの存在に慣れていきます。

その時、ママは決して目を離さないように注意してくださいね。歯が生えてくる時期の赤ちゃんはその子によって運動能力の差が大きいので、すでにアクティブな赤ちゃんなら喉の奥に行かないストッパー付きの歯ブラシが安心です。

赤ちゃんが歯ブラシの存在に慣れてきたら、ママの仕上げ磨きもスタートです。

歯科医が教える《赤ちゃんの歯みがきデビュー》③どんな風に?ママの仕上磨きの仕方

仕上げ磨きのために子供をママの脚の上に寝かせる方法が主流のようですが、ハイハイ期や動きたい時期の赤ちゃんはこのゴロンの姿勢を嫌がります。

立っちが出来る子なら、ママが椅子に座って脚の間に子供を立たせて上を向いてもらう方法も良いでしょう。ママの膝でしっかり子供の脇や顔を固定してあげるとお互い安定して歯みがきができます。なるべくお互いリラックスできる姿勢を探して、その姿勢を取る練習からはじめましょう。

ここでも歯を綺麗に磨くことに必死になってはいけません。とにかく楽しいスキンシップの時間を心がけてくださいね。

そして最初の仕上げ磨きの時は歯ブラシをゴシゴシ動かさない「とめ磨き」からはじめましょう。歯に”ちょん”と当てるイメージです。ママが緊張する余り、強い力で押さえつけてゴシゴシして「痛いコトされた!」とならないようにしましょう。

歯科医が教える《赤ちゃんの歯みがきデビュー》④歯磨き粉は必要?

まだブクブクうがいが出来ない赤ちゃんに歯磨き粉は必要ありませんが、フッ素ジェルなどは有効です。

フッ素は生えてすぐの歯に効果が高いので、ご家庭で取り入れても良いですね。その時は比較的フッ素濃度の低いものから始めましょう。

大人用ではフッ素濃度が1000ppm近いものが主流ですが、赤ちゃん用は500ppm程度で大丈夫です。また、キシリトールなどの甘味が入った色々なフレーバーの子供用フッ素ジェルや歯磨き粉は子供が歯みがきに乗り気でないときには助けになります。上手に取り入れてみてくださいね。

歯の生える月齢はお子さんによって様々。赤ちゃんが歯みがきトレーニングを始める時のその子の運動能力や興味の対象がどんな風なのかによって、なかなか一概にこうするべきだとは言えません。私の娘は歯が生えるのがゆっくりで1歳になる頃に最初の歯が生えてきて、歯が生える前に歩き始めていました。
まずは「歯を綺麗にする」ことよりも、「歯みがきを嫌いにしない」ことを大切に、親子の楽しいスキンシップの時間としてゆったりと進めていってくださいね。