意外と知らない?“冷え性”を加速させるNG行動4つ

美容

冬になると冷えがひどくなり、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?良かれと思ってしていることが、実は冷えを加速させているかもしれません!
今回は、冷え性まっしぐらなNG行動をご紹介します。

芽衣
芽衣
2016.01.16

冷え性を加速させるNG行動①タイツや靴下を二枚履きする

タイツや靴下を二枚履きした方が、より暖かくなるイメージがありますよね。

しかし、二枚履きすることで、全体を締め付けて圧迫してしまうので、血流が悪くなり、冷えを加速してしまうことも…。

ですので、二枚履きをするのではなく、厚手タイツ+毛糸のパンツやウール素材を選ぶなど、組み合わせや素材を一工夫しましょう!

腰回りにカイロを貼ることも効果的ですよ♪

冷え性を加速させるNG行動②白湯や緑茶をたくさん飲む

出典:konatoki.com

内臓の冷えを防ぎ、胃腸の働きを良くしてくれて、代謝を上げることができる”白湯”。朝一番に飲むことで、便秘を解消してくれるなど、嬉しい美容効果にも注目が集まっています。

しかし、白湯を飲みすぎると、腎臓の負担になってしまうこともあるので、1日1リットル以下にしておきましょう。

また、温かい緑茶は、一時的には体を温めてくれますが、東洋医学では体を冷やしやすい飲み物とされています。

ウーロン茶、ジャスミンティー、紅茶などは、茶葉を発酵させているので、体を温めるのにオススメの飲み物ですよ。

冷え性を加速させるNG行動③朝にフルーツを食べる

出典:www2u.biglobe.ne.jp

美容効果が高いと言われているフルーツ。毎朝、食べる方も多いのでは?
フルーツは、果糖の吸収が早いことから、脳を素早く目覚めさせてくれる効果もあるので、朝にはぴったりです。

しかし、生の果実は水分を多く含んでいるため、体の熱を奪いやすいというマイナス面もあります。

冷えを避けるためには、水分を飛ばしたドライフルーツを食べることをオススメします。

冷え性を加速させるNG行動④熱すぎるお風呂に入る

出典:gakumado.mynavi.jp

熱いお風呂に浸かると、体がぽかぽかと温まり、肌も火照るので、冷えの防止になると思われがちです。

しかし、熱すぎるお風呂に長時間浸かるのは難しいため、実際には体の表面しか温まっていないことがあります。

血行を良くして冷えを防止するためには、38度〜40度くらいのお湯にゆっくりと長く浸かり、体を芯から温めると、冷えの改善に効果的ですよ。

いかがでしたか?冷え性を加速させてしまうNG行動を4つご紹介しました。

毎日の習慣で、知らず知らずのうちに冷えを招いてしまっていることが多いもの。どれもすぐに改善できることなので、気をつけていきたいですね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。