見送る?着こなす?トレンドアウター「スカジャン」の大人コーデ5選

ファッション

2016年秋にトレンドアウターとして浮上している「スカジャン」。

ちょっぴり若いイメージがあり、着こなすのは難しいと思われがちですが、実は大人の女性でも着やすいオシャレアイテムなんです。

オシャレ上級者に見えるスカジャンの着こなしをご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.10.27

トレンドアウター「スカジャン」の着こなし:デニム合わせはヒールで引き締める♡

出典:wear.jp

サテン素材で身頃と袖がバイカラーになっており、胸元に刺繍が施されたデザインのスカジャン。

90年代を彷彿とさせるスカジャンは、2016年の秋には、新鮮なアウターとして注目を集めています。

「ちょっぴり若い?」とスカジャンを敬遠していた方も、今年は挑戦するチャンス!実は、とっても使える優秀アウターなんですよ♡

まずは、スカジャンと好相性なデニムを合わせるスタイリングからチャレンジしてみましょう。

デニムの足元をスニーカーにしてしまうと、全体的にカジュアル度が高くなってしまうので、ここはヒールで引き締めましょう。

出典:zozo.jp

〈CASIO〉 DEGITAL LA-670WAウォッチ

¥6,264

販売サイトをチェック

トレンドアウター「スカジャン」の着こなし:スニーカー×プリーツスカート

出典:wear.jp

「子どもと過ごす日の足元は、スニーカーで決まり!」というママコーデにも、スカジャンは使えます♪

スカジャンの足元にスニーカーを合わせるときには、ボトムスはプリーツスカートがオススメです。

幅が広めのひだのプリーツスカートを選べば、ちょっぴりレトロなイメージがプラスされて、90年代調のスカジャンに見事にマッチしてくれますよ♡

クラッチバッグを選ぶと、コーディネート全体が垢抜けます。

トレンドアウター「スカジャン」の着こなし:今年らしさは断然カーキ!

出典:wear.jp

初めてスカジャンに挑戦する方には、カーキがオススメです。

ネイビーや黒などのよりダークなカラーは、濃色になればなるほど、袖のバイカラーの色のコントラストが目立ち、派手な印象になってしまうのです。

カーキのスカジャンを選ぶと、デニムのインディゴカラーとも相性抜群ですし、差し色になるボルドーやテラコッタカラーとも良く合います♡

羽織るとこなれ感が出るのも、カーキのスカジャンの嬉しいポイントです。

トレンドアウター「スカジャン」の着こなし:ツヤ感でコーデが華やぐ!

出典:wear.jp

パンツ×スニーカー×ショルダーバッグの定番公園コーデも、スカジャンがあるだけで一気に華やいで見えます♪

スカジャンはサテン素材を使用していることが多く、ツヤ感があります。そのおかげで、羽織ると顔周りが華やかに見えます。

ジップを締めてしまえば、かがんだ際にも裾が邪魔にならず、動きやすいですよ。

トレンドアウター「スカジャン」の着こなし:モノトーンで上級カジュアルの完成♡

出典:wear.jp

ブラック×ホワイトのスカジャンをコーデの主役にし、全体をモノトーンでまとめると、一気に上級者カジュアルに!

着丈のバランスにこだわって、トップスをスカジャンの裾からチラ見せさせたり、足首を少し露出したりすれば、抜け感も演出することができますよ。

カジュアルスタイルだからこそ、敢えてモノトーンにまとめる……というスタイリングもオススメです♡

出典:zozo.jp

〈JEANASIS〉アソートスカジャン/735255

¥11,880

販売サイトをチェック

出典:zozo.jp

〈JEANASIS〉アソートクラッシュクロップドデニムスキニー/726673

¥7,020

販売サイトをチェック

出典:zozo.jp

〈JEANASIS〉アンゴラコンニットベレー/728524

¥4,320

販売サイトをチェック

いかがでしたか?

意外と着こなしの幅が広く、使い勝手の良いアウター「スカジャン」。

羽織るだけで今年らしさを演出できるので、まだチャレンジしていない方は、ぜひこの秋着こなしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。