三十路をすぎたらNG!?周りに引かれる《ファッション&メイク》

ファッション

大人可愛いファッションやメイクを楽しむ女性が増えていますよね。

とはいえ一般的には、30歳くらいを境にして、似合うものに変化が起こります。

頑張りすぎて痛い人だと思われないようなポイントをご紹介します♪

①ミニスカート&ショーパン

年甲斐もないミニ丈は、品がないと感じられてしまう場合も……。

スカートを履くのであれば、せめて膝丈まであるものをチョイスしましょう。

②ピンク過ぎるファッション

全身ピンクのファッションが許されるのは、20代までではないでしょうか。派手すぎるピンクは、年齢負けしてしまいます。

とはいえ、年齢問わずピンクが好きな女性は多いですよね。

30代からは、大人っぽく小物でピンクを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

バッグ、ピアス、ネックレス、時計などでさりげなく楽しんでみるのも手です♪

③大き過ぎるアクセサリー

フープピアスや垂れ下がるデザインの大ぶりのピアスは、バブルを彷彿とさせたり、ギャルっぽく見えがちです。

とはいえ、女性らしさをプラスしてくれるアクセサリーは、毎日のコーディネートに必要不可欠。

本物志向で小粒のダイヤを取り入れてみるなど、路線変更してみるのはいかがでしょうか♡

④濃すぎるチーク

濃い目のチークでないと落ち着かないので、メイクもチークも濃い目。「崩れにくいし、しわも隠せるし、一石二鳥だわ。」という方はいらっしゃいませんか?

10代、20代なら可愛いですが、30代だと少々違和感があります。

ナチュラルメイクを取り入れて、肌馴染みの良いカラーでさりげなくチークを入れてみると、違った発見があるかもしれません♪

内側からっとホワッと上気しているような血色のチークがオススメです!

⑤ボリュームばかりが目立つマスカラ

ビューラーでまつげをカールし過ぎてしまったり、ゴテゴテのマスカラをまだ続けている方はいらっしゃいませんか?

ボリューム満点タイプから、ロングタイプにシフトさせてみてはいかがでしょうか。

丁寧にゆっくりと重ねてつけ、大人の女性を演出しましょう!

長さを生かすためには、クルっとしすぎない、自然なカールを心掛けましょう♪

⑥ラメ感が強い口紅

真っ赤なリップやラメグロス、オシャレですよね。

でも、可愛いから&流行っているからという理由だけで選ぶと、肌がくすんで見えたり、疲れて見えます。

30歳を過ぎたら、「自分の肌を綺麗に見せる色」をセレクトするのが賢い女性♪

ローズ系、ベージュピンク系やブラウン系で、落ち着き感を重視してみてはいかがでしょうか。

30代は、女性として一番ステキな年頃です。

可愛さだけでなく、大人っぽさや色っぽさにも磨きをかけたいですね♡