仕事復帰を考える育児中のママへ。私らしく働くためのアドバイス4つ

子育て・ライフスタイル

4yuuu!をご覧の方の中には、現在、育児の真っただ中で、これからお仕事をどうしていこうかな?と悩んでいる方も、多くいらっしゃると思います。

どんなタイミングでお仕事を復活するのか、どんなお仕事に就きたいのか…。悩みは尽きませんが、「私らしく働く」ということを考えてみると良いですよ♡私は実際に、娘が生後11日の時に仕事復帰をしたのですが、その際の経験に基づいた4つのアドバイスをご紹介します。

ママが自分らしく働くためのアドバイス① まずは将来のビジョンを描いてみて☆

出産を経て、想像していたよりも育児が大変で、この先の仕事復帰はどうしようかな…。なんて考える方も少なくないはず。目先のことだけを考えてしまうと、キリがなくて、なかなか前に進めません!

そこでまずは、1年先、3年先、5年先に、自分自身がどういう働き方をしたいのか、今まで学んできたことをどう活かしてきたいのか、という将来のビジョンを描いてみましょう。

しかし、ただビジョンを描くだけでは、前に進めません!
自分なりに描いたビジョンを実現できる「舞台」があるかどうか、というリサーチを行うことも大切です。

ママが自分らしく働くためのアドバイス② 志望動機を明確にしよう!

①でご説明したように、描いたビジョンを実現できる「舞台」を探しておけば、「こんなはずではなかった」という事態を避けることができます。

そこで、実行に移す前に考えておきたいのが、志望動機を明確にすることです。

あらかじめ将来のビジョンを描いておけば、働く目的がはっきりしてきます。すると、必然的に志望動機も明確になりますよね。

もちろん、「保育園に入れないから」という理由で託児付きの勤務先を探すのだって、OKですよ☆

ママが自分らしく働くためのアドバイス③ 育児経験をプラスに!

育児中で仕事をしていなかった期間は、どうしても「ブランク」と考えがち。しかし、この期間をどう捉えるかということが、次のステップに大きな影響を及ぼすのです。

この育児中に、一体どんなことを得たのかを考えてみましょう。私の場合は、「新しい命を生み、育てることで、物事の視野が広がった」ということ。これは、今の仕事にも大きく役立っていることです。

実は、家事と育児の両立は、効率性や忍耐力・集中力、そして様々な人との交流などが、コミュニケーション能力を培ってくれています!こうした点も、自信を持ってしっかりアピールできると良いですね。

ママが自分らしく働くためのアドバイス④ サポート体制を整えよう☆

スムーズにお子さんの保育園が決まったとしても、ママが働くということは、周りのサポートが必要になってきます。

家族のサポートはもちろんですが、万一に備えて、病児保育やファミリーサポートの確保なども検討しておくと良いでしょう。

また、企業へ再就職を希望する際には、こうしたサポート体制が整っているかということも、重要な項目になってきます。

何より、ママ自身が安心して仕事ができる環境を整えておくのが一番ですよね♡

ママが自分らしく働くためのアドバイスは、いかがでしたか?
「早く働かなくちゃ!」と焦ってしまうのではなく、一度ゆったりとした気持ちで、「私らしく働く」ということを考えてみましょう。すると、自ずと自分に合う職に巡り合えるはずです。少しでも育児中のママたちの参考になれば、嬉しいです♡