疲れはその日にリセット!夏こそ重要な綺麗になるお風呂の入り方♡

美容

夏は暑いし、お風呂に入ると汗が出るからシャワーだけで済ませている…という方もいらっしゃるかもしれません。
お風呂に浸かることは、実は美容のためには重要です。リラックスすることで一日の疲れがしっかりと取れてぐっすり眠ることが出来ますよ♪
綺麗になれる入浴方法をご紹介いたします♡

疲れをリセット!綺麗になるお風呂の入り方①シャワーの時は…☆

引用:www.relax-kokoraku.com

湯船に浸かることが疲れをとるためには重要です。

夏は暑くシャワー派という方は、体や髪を洗う時に椅子に座って少し高めの43度程度のお湯を溜めた洗面器に足を浸けておくようにしましょう。

ただシャワーを浴びるよりも体がしっかりと温まり、ずっと疲れが取れやすくなりますよ♪

炭酸系の入浴剤んどを入れるともっと体が温まり血液の流れも良くなります。時間がないときは熱めのお湯で足湯をしましょう(*^^*)

疲れをリセット!綺麗になるお風呂の入り方②お湯の温度

引用:informacion.sakura.ne.jp

もちろんゆっくり湯船に浸かる方が疲れはとれます。ですが時間が取れないときには、40℃前後のお湯に10分浸かるだけでも疲労回復には効果的です。

時間がある週末などには、40℃のお湯に肩までじっくり浸かって、約20分リラックスして入りましょう♡

40℃くらいのお湯に浸かると副交感神経が刺激され体がリラックスし、ゆっくり眠れるようにもなりますよ♪

疲れをリセット!綺麗になるお風呂の入り方③入浴剤

一日の疲れを取るのに大切なのは、リラックスすることが一番!

そのためには、自分が好きな事や持ちが良いと思う事をするのが効果的です。

バブルバスやお気に入りの入浴剤、香りの良いバスソルトや好きな香りのアロマオイルをお風呂に数的入れて入るのも◎

リラックスしてお風呂を自分の心地よい時間にすることが疲れを癒す方法です。

疲れをリセット!綺麗になるお風呂の入り方④入る時間

シャワーだけの時も湯船に浸かるときも、脱水を防ぐために入浴前後にしっかり水分を摂る事が大切です。ペットボトルをお風呂に持って行くのも◎

また、寝る直前やご飯を食べた食後の入浴はさけましょう。

食事の直前・直後だと胃腸に血液が行かなくなり消化の妨げになってしまいます。食事の前後約30分ぐらいは空けて入浴するのがベストです。

寝る前にお風呂に入る時は就寝時間の1~2時間くらい前に入浴すると良いです。携帯・スマホをいじりながら入浴するのは、神経を刺激してしまうので控えましょう。

一日の溜まったお疲れをしっかりリセットして綺麗になるお風呂の入り方をご紹介しました♡
夏の暑い日も、10分でも良いのでしっかり肩まで浸かってリラックスしましょう(*^^*)