マイナス5キロも夢じゃない?!食べて痩せるを叶える食材&レシピ♡

美容

「食べて痩せる」を叶えてくれる食材を3つ、ご紹介します。最近、洋服がキツイ……なんて思っていらっしゃる方はぜひ、ご参考にされてくださいね。

tomi
tomi
2016.03.03

「食べて痩せる」を叶える:お手軽食材・キムチを活用しよう!

ダイエットのサポートになるお手軽食材の1つに、キムチがあります。

キムチに含まれるカプサイシンには、脂肪の燃焼をサポートし、体のエネルギーを効率よく代謝させてくれる働きがあるのだそうです。

体全体の血流を活発にする作用もあることから、女性に多い末端冷え性にも効果が期待できます。

発酵食品でもあるキムチに含まれる乳酸菌は、腸内環境をよくすることで便秘を解消し、美肌に導いてくれることでしられていますが、花粉症などのアレルギーにも効果があると言われています。

その理由として、アレルギーの人と健康な人の腸内細菌を比べると、アレルギーの人の方が善玉菌が少なく、腸内環境を整えることで、免疫機能のバランスを正常にする働きがあるからだと考えられています。

そのまま食べてもよいですが、納豆と混ぜたり、お鍋の具材にしたりと、アレンジしていただくと、飽きずに続けることができますよ。

■キムチチャーハン

<材料>つくりやすい分量
・キムチ 50g
・ご飯 お茶碗1杯(あたたかいもの)
・卵 1個
・豚肉 50g
・キノコ・ニンジンなどお好みの野菜 適宜
・砂糖・塩・醤油 適宜


<作り方>
1.野菜は食べやすい大きさにカットする。卵とごはんを混ぜ合わせておく。

2.フライパンに野菜と豚肉、キムチを入れ炒める。フライパンの半分を空けて油をひき、卵とごはんを混ぜ合わせたものを入れ、ある程度火が通ったら全体を混ぜ合わせ、砂糖・塩・醤油で味を整え、完成。

「食べて痩せる」を叶える:便秘・美肌・脂肪燃焼に!オリーブオイル

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸には、腸を刺激し、ぜん動運動を促進してくれる働きがあることから、便秘改善に効果があると言われています。

便秘になりがちなダイエット中は、吹き出物などの肌トラブルも出現しがちです。便秘がちな方は、ぜひお試しください。

また、オリーブオイルに含まれる共役リノール酸には、新陳代謝を高める作用のほかに、体の中の溜まった脂肪を燃焼し、エネルギーへと変えてくれる働きがあるようですよ。ダイエット中には、意識して摂りたい食材の1つですね。

市販のドレッシングを使っている方は、オリーブオイルに塩、お酢を混ぜ、手作りのドレッシングにすると、手軽に摂ることができますよ。

■オリーブオイルのドレッシング

<材料>作りやすい分量
・オリーブオイル 大さじ2
・酢(もしくは白ワインビネガー)大さじ1
・砂糖 小さじ4分の1
・塩・コショウ 適宜

<作り方>
材料すべてをよく混ぜ合わせたら完成。

「食べて痩せる」を叶える:牛肉のL-カルニチンで脂肪燃焼!

出典:www.recipe-blog.jp

カロリーがあるからといって、ダイエット中に、肉や魚などのタンパク質を控えるのは間違いです。

タンパク質は、肌や髪、爪などの原材料となり、女性の美しさに欠かすことのできない成分。

適量を摂らないと肌はしぼみ、髪や爪はツヤを失うことにもなりかねないので、注意しましょう。

牛肉や羊肉の赤身部分に含まれるL-カルニチンという成分には、体の中に溜まった脂肪を燃焼し、エネルギーとして働かせる作用があり、ダイエットにも有効です。

朝・昼・晩の3食で、しっかりと摂っていきましょう。

■牛肉のたたき
<材料>作りやすい分量
・牛肉ももかたまり肉 400g


・酒  大さじ3
・醤油 大さじ3
・ニンニクすりおろし 小さじ2

<作り方>
1.牛肉は塊のまま塩・コショウをして、オリーブオイルをひいたフライパンで全面(4面)を焼く。全面を焼いたら、弱火にしてフライパンに蓋をし、蒸し焼きにしていく。

2.牛肉があたたかいうちに、ジップロックに入れたAの中に漬けこみ、冷蔵庫で2〜3時間ほど寝かして味をしみこませたら、完成。

食べ痩せを叶える食材を3つ、ご紹介しました。バランスのよい食事を摂りながら、こういった食材も意識して生活に取り入れると、ダイエットが成功しやすいですよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。