残り物活用&栄養満点◎寒い冬の朝に最適な『スープごはん』の作り方

グルメ・レシピ

寒さが強まり、お布団から出るのが嫌で、なかなか起きられない…という方も多いのでは?ママさん達にとってはバタバタと忙しい朝ですが、一番大切なのが、子供達の朝食の準備ですよね。

「時間がないけれど、朝ごはんはしっかり食べて欲しい。」そんな毎日にピッタリの『スープごはん』の作り方をご紹介します♡

スープごはんの作り方①スープごはんって?

スープごはんとは、その名の通り『スープ』+『ごはん』のこと。

スープは何でもOKなのですが、寒い冬はお鍋をすることが多いと思うので、そのスープをご飯やおにぎりにかければ、簡単にスープごはんの完成です♡

スープごはんは、お粥と同じで汁気があるので、小さなお子様も食べやすいですし、野菜やお肉などの栄養もちゃんと摂れて、良いことばかり。体もポカポカ温まりますし、簡単に作ることができるので、忙しい朝には最適ですよ!

スープごはんの作り方②コーンスープごはん

子供が大好きなコーンスープを使った、コーンスープごはんです♡朝はあまり食べてくれないというお子様も、これなら食べてくれるのでは?

コーンスープは、パックで売られている市販のコーンスープを使ったり、粉末のコーンスープを使ってもOKですよ!

作り方は簡単です。
①お茶碗やスープ皿に、ごはんを入れる。
②コーンスープをごはんにかける。
③レンジで温める。

以上です!
お子さんにはとろけるチーズ、大人用にはブラックペッパーをプラスすると、味のアクセントになって、より美味しいですよ☆

スープごはんの作り方②豆乳スープごはん

お次は、豆乳スープごはんをご紹介します。体に良い豆乳は、子供達の朝食にもピッタリです!

市販の豆乳に白菜やお豆腐・玉ねぎ・人参など、お好きな具材とごはんを入れて煮込むだけ。また、豆乳鍋をした後のスープを使うと、時短にもなります☆

味が染み込んだ豆乳鍋の残りのスープは、栄養もたっぷりです。お野菜不足の子供達にもオススメですよ。

スープごはんの作り方④鶏ささみスープごはん

最後は、ヘルシーな鶏ささみスープごはん♡

鶏ガラスープに、トマト・レタス・白ネギ・生姜&鶏ささみなどを入れて煮込むだけなのですが、ベトナムを代表する料理、フォーと同じ材料なので、フォーを作ったあとの残りスープにごはんを入れて作るのが、時短できておすすめです。

こちらは味も優しいので、子供達にもピッタリ!大人が食べるなら、トッピングでパクチーをプラスすると良いですよ。

残り物を活用できて、忙しい朝食にも便利な、寒い冬にオススメの『スープごはん』の作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?
忙しいママさんにぴったりの時短&栄養満点レシピ、ぜひ明日からの朝食にどうぞ♡