自宅で簡単に♡定番の唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ♪

グルメ・レシピ

普段の食卓にもお弁当のおかずにも、パーティーのおつまみにも欠かせない定番の『唐揚げ』。
サクサクでジューシーな唐揚げは、子どもから大人まで大好きな味ですよね♪
でも、ほんの少し目を離すとあっという間に焦げ付いたり衣がはがれてしまったり、自宅で作ると失敗してしまいがち。
サクッとジューシーな唐揚げを自宅で頂くための、絶対に抑えておきたい4つの簡単なポイントをご紹介します^^

平林玲美
平林玲美
2015.06.13

簡単に♡定番の唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ①下味

出典:www.sirogohan.com

美味しい唐揚げの”要”は、やはり下味にあります♪

基本は鶏肉1枚に対して醤油と料理酒が大さじ1の割合。そこに甘みを加えたい場合はみりん、香味を加えるならば生姜やニンニクのすりおろしを加えます。お店のように香ばしい唐揚げがお好みなら少量のごま油を加えるのもオススメ♡

ポイントは一番最初に料理酒を加え、よくもみ込むこと!こうすることでお肉が柔らかくり、コクが出てジューシーに仕上がります^^

簡単に♡定番の唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ②衣の使い分け

出典:www.ajinomoto.co.jp

唐揚げの衣は、用途によって使い分けるのがポイント♪

たとえばサクサクでカリカリの唐揚げがお好みなら片栗粉、ジューシーでふっくらとした唐揚げがお好みなら小麦粉だけがオススメです♡

また、揚げたてを頂くなら小麦粉だけで十分ですが、お弁当など冷めても美味しく食べたいときには、小麦粉と片栗粉を半分づつにすると衣がかたくならずに頂けます。

お子様向けにふわっとした唐揚げを作りたいときには卵を入れるのもオススメですよ^^

簡単に♡定番の唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ③最初の1分は触らない

普通、揚げ物をするときは油の半分程度の素材を入れるのが基本ですが、唐揚げは一度に鍋いっぱいの量を揚げても大丈夫♪

じっくり火を通す唐揚げは、油の温度が一時的に下がっても衣がべちゃっとなりずらいからです。

衣がくっくかないように注意し、油に入れたら1分間は絶対に触らないのがポイント。気になって菜箸でつついててしまうと、衣がはがれたり肉汁が溢れ出たりしてしまいますので、我慢してある程度かたまるのを待ってくださいね^^

簡単に♡定番の唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ④余熱で火を通す

唐揚げで失敗しがちなのは、衣だけがカリカリになってしまい、中まで火が通っていないこと。これは高温で揚げすぎていたり、揚げる時間が長過ぎたりすることが問題です。

唐揚げはステーキ等と同じで、熱する時間と同程度の休ませる時間をとることで余熱で火が通り、やわらかくジューシーに仕上がります♡160℃の油にいれて表面が薄いきつね色になったら、すぐに取り出してバットの上で休ませます。その間に、油の温度を180℃の高温にし、再びお肉を入れて30秒から1分揚げたら完成です。

休ませている間に余熱で中まで火が通っているので、二度揚げは衣をお好みのカリッと加減まで揚げるだけ♪失敗知らずの唐揚げが簡単に出来ますよ^^

いかがでしたでしょうか?
みんなが大好きな定番から揚げを、ジューシーに作るポイントをご紹介しました。
一度覚えてしまえばとっても簡単なので、是非唐揚げを作るときの参考にしてみてください^^

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。