名品揃いで迷っちゃう!名古屋スイーツのお土産4選

美容

美味しいスイーツがあると聞けば、全国どこへでも飛んで行ってしまうスイーツ好きが増えた日本。名古屋にも、メディアを騒がせるほどの名店が揃っています。
おすすめを4つご紹介いたしますので、名古屋のお土産として検討してみてくださいね。

名古屋のスイーツお土産①Cafe TANAKAの「味噌フィナンシェ」

カフェタナカといえば、メディアでもよく名前を取り上げられている女性パティシェのスイーツ店です。

数々のフランス菓子が一つ一つ丁寧に作られていますが、名古屋独特のお土産といえばやっぱりこちら!味噌フィナンシェがおすすめです。

岡崎特産の八丁味噌が練りこまれたフィナンシェは、ほのかな味噌風味が薫るしっとりして口どけのやさしいスイーツです。

◆Cafe TANAKA
住所:愛知県名古屋市北区上飯田西町2-11-2
電話番号:052-912-6664
営業時間:10:00~19:30
定休日:年中無休

名古屋のスイーツお土産②川口屋の「もろこし羹」

一見、何のへんてつもない羊羹のような「もろこし羹」という名の和スイーツ。名古屋の栄にある地元で親しまれてきた和菓子屋さん「川口屋」のお菓子です。

羊羹の一種ではありますが、卵白が入っている点が普通の羊羹との違い。

やや軽めの羊羹といったところで、気に入って名古屋のお土産にリピートする人も少なくありません。お土産としては、型崩れしにくいのが移動にピッタリのスイーツでもあります。

◆川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12
電話番号:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日

名古屋のスイーツお土産③覚王山吉芋の「塩花火」

引用:kanmi3.osakazine.net

これからブームになりそうな名古屋生まれの和スイーツが、覚王山吉芋のお芋菓子「塩花火」。大学芋や鬼まんといったポピュラーなお芋スイーツの中でも目を引きます。

九州銘菓の芋ケンピより細く切られたさつま芋を油で揚げてカリッと蜜がけしています。

花火の塩スイーツ版「塩花火」をお土産に持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

◆覚王山吉芋(本店)
住所:愛知県名古屋市千種区日進通5-2-4
電話番号:052-763-2010
営業時間:10:00~18:00
定休日:年末年始

名古屋のスイーツお土産④「名古屋ふらんす」

引用:bluesky.jalux.com

アーモンド粉を使ってさくっ!ふわっ!と焼き上げた生地にクリームを挟んだダックワーズ。れっきとしたフランス菓子ですが、ダックワーズにお餅を挟んでしまったのが「名古屋ふらんす」です。

誕生してから既に10年以上のロングセラーを誇るスイーツで、個包装されているのでお土産に便利!

クリームとお餅の組み合わせも珍しく、恐る恐る買ってみてファンになる人も多いんですよ。モンドセレクション金賞受賞歴も、さすがです。

◆名古屋ふらんす JR名古屋駅グランドショップ
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
電話番号:052-588-5451
営業時間:6:15~22:00
定休日:年中無休

名古屋スイーツといっても、生菓子を何時間もかけて持って帰るわけにもいきませんよね。
持ち歩きのしやすいスイーツをご紹介しました。話題のスイーツ店の味を全国各地にお土産として届けられるなんて、最高です!