疲れたら“病人ごっこ”?木村佳乃さんのパワフル子育てが参考になる

Cover image: www.topcoat.co.jp

現在放送中の朝ドラ『ひよっこ』で、ヒロインの母親役として活躍中の木村佳乃(きむらよしの)さん。

プライベートでは、東山紀之(ひがしやまのりゆき)さんの奥さんであり、2人の女の子のママでもあります。

忙しい毎日を送っている木村佳乃さんですが、その子育ての内容が働くママたちの参考になるため、ご紹介します♪

2児のママ♡木村佳乃さんのパワフル子育て① 家事は早朝に!朝ドラの撮影で忙しい毎日

2017年4月より放送中の、朝ドラ『ひよっこ』に出演している木村佳乃さん。

帰宅時間が遅くなる日も多い中、平日は毎朝6時に起きて、洗濯や掃除などの家事をすませるそう。

料理は時間があるときに作り置きをし、働くママたちと同じように、家事を工夫して忙しい毎日を送っているようです。

また、旦那さんの東山紀之さんは料理上手としても有名で、家でも手料理を作ってくれるそう♪

本当は大人向けの凝った料理が得意だそうですが、子どもたちが大好きな「ハンバーグ」や「唐揚げ」などの定番料理をサッと作ってくれるため、助かっているのだとか!

子育てや家事を、夫婦で上手に分担されていますね♡

2児のママ♡木村佳乃さんのパワフル子育て② 大切にしていることは「スキンシップ」

木村佳乃さんは、産後2ヶ月で仕事に復帰しているため、子どもたちはママが働きに出ていることに慣れているそう。

それでも、子どもの体調が悪いときに仕事が入っていると、「後ろ髪を引かれる思いで家を出ている」といいます。

共働きなので、周りの力を借りて子育てをされていますが、子どもたちに寂しい想いをさせないために大切にしていることは「スキンシップ」だそう!

▶仕事から帰ったら「会いたかったよ!」と言って、ギュッと抱きしめる

▶その日にあったことをじっくり聞く

▶「あなたは大切な存在」といった言葉かけや、スキンシップ

子どもたちを大切に思う気持ちを、言葉や体で表すことが大事だと語っています。

2児のママ♡木村佳乃さんのパワフル子育て③ 疲れているときは「病人ごっこ」がおすすめ?

いつも笑顔で、元気なイメージがある木村佳乃さん。しかし、疲れきってしまう日もあります。

そんな時は休むことが大事ですが、疲れている姿を子どもに見せると、不安になったり、甘えてこなくなったりしますよね……。

そんなときにおすすめなのが、「病人ごっこ」なのだそう!

横になりながら、「先生、具合が悪いんです」「足が痛いんです」とひたすら子どもたちに診察をしてもらいます。

遊びの中でママが休むことができるという裏技ですね♪

時には、そのまま寝てしまうこともあるそうですが、たまにはテレビに頼る日を作ってみるなど、頑張りすぎない子育てをされていました。

2児のママ♡木村佳乃さんのパワフル子育て④ 大好きな「プリキュア」を子育てに応用♪

プリキュアの新作映画『プリキュアドリームスターズ!』で、声優とエンディング曲を担当した木村佳乃さん。

プリキュアが大好きな娘さんは、大喜びだったそうです♪

娘さんが大好きな「プリキュア」は、奥の手として子育てに使っているといいます。

例えば、言葉遣いが悪かったときに「プリンセスはそんな言い方をしないよ!」と言ったり、言うことを聞かないときに「もうプリキュアの映画見に行くの、止めようかな」など。

あまりモノで釣るのは良くないと思いつつ、最終手段のセリフとして使っているそうです。

頼れる部分は上手に取り入れて、頑張りすぎないことが子育てのコツですね♡
2児のママとして、仕事と子育てで忙しい毎日を送っている木村佳乃さんの子育ては、どれも働くママの参考になる内容ばかり。

「3歳までは子どもと一緒にいた方が良い」という話もありますが、木村佳乃さんは、「3歳を超えたって、子どもは大切。だから仕事を精一杯頑張る」と割り切って働いています。

子どもに不安な姿を見せるより、ママが自信を持つことで、子どもも元気になれるのかもしれませんね。

木村佳乃(きむらよしの) 子育て ママ 芸能人 ワーママ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Rei Tanaka

3歳の息子のママです!
ママに役立つ情報を発信したいと思います♪よろしくお願いします。

>もっとみる