秋冬に一番使えるアウター決定!主役級《ダウンベスト》の選び方

ファッション

秋は寒暖の差が激しい日があり、昼間はTシャツ1枚でも汗ばむような暑さだったり、夕方になるとぐっと冷え込んで上着が欲しくなったりしますよね。

何を着れば良いのか、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか?

そこで役立つのが《ダウンベスト》です。形と素材によって、カジュアルからエレガントまで印象は自由自在!

保温性抜群なダウンベストは、首元から腰までしっかり温めてくれて、冷え性対策になります。袖がないので、脱いだ時にコンパクトに畳めてバッグにインできるのも嬉しいポイント。

今回は、秋から春にかけて長い間楽しめる、主役級《ダウンベスト》の選び方を伝授します。

ベーシックカラーの《立ち襟ダウンベスト》はカジュアルスタイルに♪

出典:www.buyma.com

顔周りに大きめの立ち襟があることで首元に「Vゾーン」ができ、小顔効果もアップ!

ヘアがダウンスタイルでも、首の後ろがもたつかないのが嬉しいポイントです。

カジュアルスタイルのダウンベストは、丈と素材で印象が変わるので、選び方の参考にしてくださいね。

●丈別の印象

・ショート丈のダウンベスト……元気で活発な印象
・ロング丈のダウンベスト……大人っぽい落ち着いた印象

●素材別の印象

・ジャージーやコットン・コーデュロイなどの自然素材……ナチュラルな印象
・レーヨン・ポリエステル系の光沢素材……大人っぽく上品な印象

《ふわふわファーベスト》は綺麗めカジュアル&エレガントに♪

出典:www.buyma.com

ふわふわのファーは、それだけで存在感が出ます。

ダウンベストは、カジュアルスタイルの代表アウターですが、ファーが首まわりにあることで華やかさがグッとアップします♪

高級感のあるファー付きダウンベストの選び方を解説していきます。

●ファーの質と量

今のフェイクファーは、リアルファーと見間違うくらいに質が高いものが多いです。毛が細く柔らかいもので、たっぷりの毛量のものを選ぶと、高級感を演出できます。

●ベストの生地

ツヤ感のあるものを選ぶと、高級感が出て品格のある印象に。

●ステッチ

・幅が広いステッチ……シックで大人っぽい印象
・幅が狭いステッチ……カジュアルで若々しい印象

首まわりのファーが華やかさを演出してくれるので、耳や首元のアクセサリーは小さく、質の良いものをさりげなく付けるのがオススメです。

インナーにもアウターにも手抜きなし!《襟なしダウンベスト》

出典:www.buyma.com

ここ数年、【インナーダウン】が多くの世代に定着してきました。コートの下に薄手のダウンベスト、温度調節に便利ですよね。

インナーで着用することを前提としたダウンベストは、アウターに響かないよう、ノーカラーで薄めのデザインです。

そのため、アウターとして着るには、少し物足りない印象になってしまいます。

そこで、アウターとしても活躍する《襟なしダウンベスト》の選び方を解説していきます。

●ダウンのボリュームはたっぷりと

ダウンの量が少なくなるほど、インナーダウンの印象が強くなります。しっかりと膨らみのあるダウンベストを選びましょう。

●ステッチ

・幅細ステッチ……デニムやパンツを合わせて〈カジュアルコーデ〉に
・幅広ステッチ……大人っぽいスカートに合わせて〈上品コーデ〉に
・ブロックのような四角いステッチ……〈正統派トラッドスタイル〉に

どんなタイプが自分に似合うのか、たくさんのダウンベストを試着して、前・横・後ろ姿をぐるりとチェックしてみてくださいね♪

コーデの主役にもなり、脱いでもコンパクトに収納できる《ダウンベスト》。

「どんな印象に見えるか?」をポイントに、選び方を解説しました。1枚持っていると、お出かけコーデに重宝しますよ♪

クローゼットにある秋冬のワードローブを確認して、手持ちの洋服の雰囲気にピッタリな1枚を探してくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。