イライラしている人の体温は35℃台?ストレスを解消する方法3選

美容

美容の天敵でもあるストレスと低体温。ストレスを感じている人の体温は、35℃台ともいわれているそうです。
身体を内側からあたため、ストレスを軽減し、キレイ度を高める方法をご紹介します。

tomi
tomi
2015.10.29

イライラしている人の体温は、35℃台って本当?

一説によるとイライラしてしている人の体温は、35℃台の低体温ともいわれているそうです。

体温が低いと免疫力が失われるため、風邪をひきやすかったり、疲労がたまりやすくなったりと身体への弊害も起こってきます。

ストレスがたまったときこそ、入浴や運動など体温を上げる行動をすることが必要です。気分転換にもなりますし、ストレス自体も緩和されますよ。

<ストレスを解消する方法①>入浴の温度は38℃~40℃

ストレスを解消する方法として、効果的だといわれる入浴ですが、リラックス効果を狙いたいなら、あまり熱くないお湯(38℃~40℃)につかりましょう。

そうすることで、身体の内側の温度(深部体温)が温まり、副交感神経を優位にして眠りやすくなります。

逆に交感神経を優位にしたいのであれば、42℃のお湯に短時間つかる方法がおススメです。週に2.3回この入浴法をすると、免疫力をあげるともいわれています。

<ストレスを解消する方法②>アロマを味方につけよう

神経の興奮を抑え、鎮静作用があるラベンダーや、女性ホルモンのバランスを整えるゼラニウム、脂肪燃焼やリフレッシュ作用があるグレープフルーツなどの柑橘系のアロマなども、ストレスの解消方法には効果的です。

効果をあまり追いすぎず、自分の好みによって選ぶのもよいでしょう。最近では、加湿効果とアロマの香りを一緒に届けてくれる、アロマディフューザーも販売されています。

ストレスにいつも悩まされている方は、お使いになられてみてはいかがでしょうか?

<ストレスを解消する方法③>脳神経のイライラには○○を

出典:okayama-ichiba.net

脳の神経のイライラや、興奮を抑える作用があるのが、カルシウムです。

ゴマやしらす干し、チーズに多く含まれています。シイタケや卵などに含まれるビタミンDと一緒にとることで、カルシウムの吸収を高めることができます。

ビタミンDは食事だけではなく、日光を浴びることでも合成が促進されます。紫外線対策をしっかりとした上での外気浴なども、ストレス解消方法のために取り入れていきたいですね。

身体を内側からあたためて体温を上げる方法と、ストレスを解消する方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
ぜひ、参考にしてみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。