子ども部屋をもっと広く!小物入れを使ったおすすめ収納法4選

インテリア

年齢を問わず子どもたちの部屋は気づくと、ものが散乱していますよね。
片付けても片付けても散らかしてしまうのが子どもたちです。しかし収納法を改善すればそんな悩みも解決できますよね。
そこで今回は、子ども部屋の小物入れを使った収納法について紹介していきたいと思います。

子ども部屋の小物入れを使った収納法①かご

出典:s.webry.info

小さくて細かいおもちゃなどは、蓋付きのかごやバケツなどにそれぞれ種類ごとに分類して入れて蓋をします。子ども部屋にある棚などにそれらを綺麗に並べれば簡単に収納できます。

また、子どもに片付けさせるときも、そのかごの中におもちゃを入れればいいだけなので簡単です。子供もにも分類の方法を教えれば、すぐ覚えてくれるでしょう。

子ども部屋の小物入れを使った収納法②カラーボックス

カラーボックスは高さを変えられるので、おもちゃによって高さを変えたりして収納しやすいスペースを作ります。おもちゃ箱のようなものをカラーボックスにちょうどはまるようなものを用意します。

そのおもちゃ箱の中におもちゃをしまい、カラーボックスにしまえば、外からは何も見えないのですごく綺麗に見えます。横置きにすれば小さなお子さんでも取り出すことができます。

子ども部屋の小物入れを使った収納法③タンス

出典:item.rakuten.co.jp

小さなお子さん用のタンスなどの引き出しを取り出せば棚ができます。そこにそれぞれかごやボックスなどを置けば、おもちゃ専用の棚が出来上がります。

さらに、子どもが大きくなっておもちゃを使わなくなったら、おもちゃを退かせて引き出しを戻せばまたタンスに戻るので、成長に合わせてアレンジすることができます。また、取り外した引き出しは大人の衣替えのときの収納にも使うことができます。

子ども部屋の小物入れを使った収納法④ワゴン

出典:item.rakuten.co.jp

100均などに売っている小さなワゴンにおもちゃをしまって、それを押し入れの下の段にそのまましまえば、外からは見えないのでかなりスッキリする収納になります。

また、下にタイヤがついている可動式のワゴンは、遊ぶときに押し入れからそのまま引っ張りだしてくることができる上、お子さんが自分でまたしまうのも簡単で便利です。

いかがだったでしょうか。子ども部屋の収納は工夫することが大事です。
また工夫の仕方は男の子や女の子でまた違ってくると思うので、家族構成でいろいろアレンジしてみるといいかもしれません。