優しい味にハマる♡簡単2ステップで堪能!「自家製いくら」の漬け方

グルメ・レシピ

プチプチ弾ける食感がやみつきになるサケの魚卵、「いくら」。

驚くくらい簡単に作れるので、今秋トライしてみませんか?

贅沢品なので普段はちょっとしか食べられない……という方も、自家製ならたっぷり堪能できますよ♪

9月・10月が旬!「自家製いくら」作り♡

長い道のりを乗り越え、産卵のために生まれた川に戻ってくる鮭。秋鮭という言葉がある通り、9月・10月は鮭の旬の季節です♡

この鮭の魚卵を塩漬けや醤油漬けにしたものが、「いくら」。

冷凍できるので、一年中食べられますが、スーパーで魚卵が流通するのは今の時期。

「生の筋子はありますか?」と聞けば、案内してくれます。

美味しくて新鮮な魚卵(筋子)を入手して、「いくら」作りに挑戦してみませんか?

たったの2ステップで「自家製いくら」ができる?

作り方は、いたってシンプルでたったの2ステップ!

魚卵の塊をほぐして、タレに漬け込むだけです♪

作り方

①酒・みりん・醤油・出汁など好みの味付けのタレを作って、冷ましておく

酒とみりんを沸騰させるレシピ、沸騰させないレシピがあるので、お好みで作ってみましょう。

プチプチ食感が好きならアルコールは少し残す、柔らかめが好きならアルコールは飛ばさない、がセオリー。

また、シンプルにタレは醤油だけというレシピもあります。

②筋子を入れたボールに、40度くらいの塩水を注ぐ

このときに、お湯ではなく、塩を入れたお湯で作業をするのがポイント!

白濁しますが、気にしなくてOKです。

③卵巣膜(卵を包む薄い膜)、破れたいくらのクズなどを取り除く

ザルやフォークを使って取るのも◎

④ある程度きれいになったら、いくらをザルに入れて水けを切る

不思議なことに、お湯に入れて白くなった粒がもとの朱色に戻ります。

⑤タレにいくらを漬け込む

冷蔵庫に入れて一晩置けば、完成です♪

2~3日置いた方が馴染むという方もいますが、1日でも十分。

添加物が入っていない自然な味のいくらが、たっぷり楽しめます♡

食べ方いろいろ「自家製いくら」の楽しみ方♪

まずは、贅沢にいくら丼でたっぷりいただくのがオススメ!

そのあとは、クラッカーに乗せてカナッペ風にしたり、パスタに和えるなど、いろいろアレンジも楽しめますよ♡

自分で作ると、タレの濃さも調節できるので、薄めに作って子どもと楽しむこともできます♡

自家製のいくらの優しい味にハマると、市販のいくらが食べられなくなってしまうかもしれません♪