猫背が学力低下の原因に……子供の姿勢を良くする方法とは?

骨が軟らかい子供にとって、日々の姿勢は、見た目はもちろん、健康や成長にも大きな影響をもたらします。

最近増えているとも言われている猫背の悪影響などをしっかりと把握して、今のうちに対策を講じましょう。

子供の姿勢を良くするためには、どんな方法があるのでしょうか?対処法をご紹介します。

子供の姿勢を良くする方法①
まずはデメリットを把握しよう

子供の猫背には、見た目が悪い以上にデメリットがたくさん!

姿勢が悪いと、腰痛や内臓疾患といった健康面への影響が思い当たりますが、実はイライラの原因にもなるんです。

猫背になると呼吸が浅くなるため、イライラし、集中力が低下してしまいます。

そうなると、授業や宿題に集中できず、学力にも影響が出るといった恐れも……。

10歳くらいまでの子供の猫背は、骨格の歪みや筋力不足が原因と言われています。

きちんと子供の姿勢を良くする方法を実践して、早めに改善してあげましょう。

子供の姿勢を良くする方法②
良い姿勢のポイントを押さえよう!

子供の姿勢を良くするために、まず知っておきたいのが、「正しい姿勢」の方法です。

良い姿勢を作るには、

①顎をぐっと引き、お尻に力を入れてみましょう。

②その状態のまま、肩の力を抜いて、腕を少し後ろに引くようにすると、自然と胸を張るような姿勢になります。

③そのまま、おへそのあたりに力を入れてキープ。

お子さんと一緒にチャレンジしてくださいね♪

子供の姿勢を良くする方法③
ママの姿勢も見られている!親がお手本になろう

親の背中を見て育つ、とはよく言ったもので、子供は、親の生活習慣や好み、考え方の影響を受けます。

姿勢もその一つで、普段の生活習慣がスマホを見てばかり……という親を見て育てば、子供も下ばかりを向くように。

そうなると、姿勢も自然と悪くなってしまうもの。

子供の姿勢を良くする方法の一番の近道は、親自身の姿勢改善と言えるでしょう。

子供の姿勢を良くする方法④
叱るだけじゃダメ!

姿勢を良くしないといけないと考えすぎると、子供の猫背を見るたびについ、「ほら姿勢!」と叱ってしまいたくなるもの。

とはいえ、猫背や姿勢の悪さを叱ってばかりでは、子供の反発心を招いてしまいます。

子供の姿勢を良くするためには、叱る以外の方法も考えましょう。

良い姿勢ができているときにはきちんと褒めるなど、前向きな姿勢矯正に取り組めば、子供も嫌がらずに姿勢を良くしようと意識してくれますよ。
普段から猫背の癖がつくと、筋力がなくなり、猫背の姿勢しかできなくなってしまうことも。

しゃんと伸びた背筋は、気持ちも学力も前向きにしてくれるはず。

ぜひ、親子で姿勢を良くするための習慣を始めてみましょう。

子供の姿勢 良くする 方法 猫背

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる