ワンオペお風呂のお助けグッズ♡スイマーバのベビーバスが手放せない!

子育て・ライフスタイル

ワンオペレーションで育児をしているママにとって、お風呂タイムが一番の試練だとも言われています。

特に1人目のときは、「勝手がわからず、戸惑った」という声が多く聞かれます。

そんなママのためにご紹介したいお助けグッズが、「スイマーバ」のベビーバス!

これさえあれば、1人でも楽にお風呂タイムをこなせますよ♪

▶︎ワンオペお風呂は何が大変なの?

ワンオペレーションで赤ちゃんをお風呂に入れるのは、大変!

特に、首や腰の座っていない赤ちゃんを入れるときは、注意が必要ですよね。

2人がかりなら、脱衣所で待機してもらって、ゆっくりシャンプーをしたり、体を拭いたりできますが、1人だと自分は後回しになります。

でも、脱衣所で1人で待たせておくのも不安……ということで、赤ちゃんが寝てから一人でゆっくりお風呂に入り直すという意見も。

みなさんは、どのようにワンオペお風呂をこなしていますか?

今回は、おすすめの2つのグッズをご紹介します。これさえあれば、毎日のお風呂タイムがぐんと楽になりそうです。

ワンオペお風呂のお助けグッズ①バウンサー

引用:item.rakuten.co.jp

ワンオペお風呂に欠かせないグッズの1つめは、バウンサー。

寝かせるために使うものという意識がある方も多いと思いますが、お風呂上がりの赤ちゃんを座らせておくスペースに最適なんです。

首や腰の座っていない赤ちゃんでも、ベルトをしっかり止めれば使えます。

こちらの最新モデルは、メッシュ素材で、通気性も抜群。これからの季節にもぴったりです♪

カバーは取り外して洗濯もできるので、安心ですね。

タオルケットに包んで、バウンサーに乗せてあげれば、少しの間、ご機嫌で待っていてくれるはずです♡

ベビービョルン バウンサー

¥20,520

販売サイトをチェック

ワンオペお風呂のお助けグッズ②スイマーバ

引用:item.rakuten.co.jp

次にご紹介するグッズは、イギリス発の"スイマーバ"。

本来は、身体機能の発達を促すファーストエクササイズのために開発されたもので、世界中で使われているんです。

子宮の中の感覚を忘れないうちに、水に浮かぶ感覚が身につくと話題です。

最初は、首輪の感覚を嫌がって泣かれることもありますが、慣れてしまえば大丈夫。子どもも喜んで、浮いてくれますよ。

注意したいのは、絶対に目を離さないこと。

赤ちゃんが激しく動くと、浮力の関係でひっくり返ってしまうことがあるのですが、事故の原因になるので、気をつけましょう。

使い方を誤らなければ、とっても便利で実用的グッズなので、おすすめです♪

浮き輪リング・スイマーバ(swimava)

¥3,240

販売サイトをチェック

▶︎浮き輪リングを使ったスパも……!

こちらは、浮き輪リングの装着による身体的能力発達が証明されるような1コマ。

Bubby(バビー)と呼ばれる浮き輪リングを首に付けて、楽しそうに温泉に浸かっている赤ちゃんたち。

これは先日、オーストラリアのパースにオープンした乳幼児専用スパ施設、Baby Spa Perth(ベビースパ・パース)での様子です。

平衡感覚を鍛えることで、睡眠の質や体力アップの効果もあるのだとか!

自由に動きまわれるため、赤ちゃんの筋力や骨格の発育を促進するそうです。

このような浮き輪リングを使ったスパは、イギリスやスペイン、アメリカ、南アフリカなどにもあるそうです♪

ワンオペお風呂のお助けグッズ③スイマーバのベビーバス

引用:www.amazon.co.jp

ママがシャンプーをしている真横に設置できる便利グッズもあります。

少ない水量で赤ちゃんが入れて、安心です。

ベビーバスやお風呂の中での不安定な体勢に比べて、しっかり座れるので、赤ちゃんもリラックスできるのだとか!

首や腰が座った赤ちゃんには、スイマーバよりも、ベビーバスタイプがおすすめです♡

スイマーバ ふわふわベビーバス

¥4,212

販売サイトをチェック

目を離せないことに変わりはないですが、少しでもママが楽にお風呂タイムを過ごせるグッズをご紹介しました。

毎日のことなので、楽しみながら育児をしたいですよね。

ご紹介したグッズを活用しながら、ワンオペお風呂タイムを充実させていきましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。