時短&手間いらず!メリットだらけの「ポリ袋レシピ」って?

グルメ・レシピ

時短&美味しさが叶う「ポリ袋レシピ」をご存知ですか?
いつものお料理が、ポリ袋を使えば簡単で洗い物いらず。今回は、お子様と一緒に楽しめるスイーツレシピも含めてご紹介します♡

メリットだらけのポリ袋レシピ♡

「ポリ袋レシピ」とは、和え物や煮込み料理をポリ袋を使って作る便利な調理法です。

使い終わったあとは捨てるだけなので、洗い物の手間も省けて、さらには通常のレシピで作るよりも味が美味しくなるのだそう♪

ポリ袋を使うと、真空状態で調理が行われるため、素材に調味料が浸透しやすく味わい深くなります。また、ポリ袋レシピは油を使わずに調味できるので、とってもヘルシーで経済的です♡

時短が叶うポリ袋レシピ①箸休めにキャベツの和え物

それでは、オススメのポリ袋レシピをご紹介します♡

まずは、さっと作れる和え物から。
キャベツ(1/4個)をざく切りにし、塩(小さじ1/4)とすりおろしにんにく(小さじ1/3)、昆布茶(小さじ1/2)、ごま油(小さじ2)を全て一緒にポリ袋に入れます。

そうしたら、袋の外側から調味料が均等に混ざるようによく揉み込みましょう♪仕上げにブラックペッパーと白ごまをふりかけて、完成です。

時短が叶うポリ袋レシピ➁手間いらずの鶏ハム

続いては、ダイエットや筋力upにも最適な鶏ハムのレシピです♡
火加減や味付けに手間がかかりがちな鶏ハムも、ポリ袋を使えば簡単に作ることができます。

まず、鶏胸肉(1枚)の皮をとって、塩麹(大さじ1)と長ネギの青い部分、生姜(小さじ1)と胡椒(小さじ1)をポリ袋に入れます。そうしたら、外側からよく揉み込み、冷蔵庫で2時間寝かせたら下準備は完了です!

下準備が完了したらポリ袋のまま鍋に入れて、水を注いだら火にかけます。そして沸騰したら弱火にして、3分加熱したら火を止めます。20分ほど放置して、予熱で火を通したら完成です。

時短が叶うポリ袋レシピ③お子様と作れるアイスクリーム♡

引用:www.recipe-blog.jp

最後は、ポリ袋を使ったデザートのレシピです。
ポリ袋を使えば手も汚れず、ひっくり返してゴチャゴチャに…なんて心配もないので、お子様と一緒に楽しむことができるんです♪

まず、ポリ袋に牛乳(200cc)と砂糖(30g)、バニラエッセンス(小さじ1/2)を入れて口を閉じます。次に、少し大きめのポリ袋に氷と塩を入れ、そこに先ほどのポリ袋を入れてしっかりと口を閉めましょう。

あとはシャカシャカと振るだけ!お好みの硬さまで、10分ほど振ってから食べてくださいね♡

いかがでしたでしょうか?
ポリ袋を使った時短で簡単なレシピを3つご紹介しました。どれも手軽に作れるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。