キッチン周りがグッとおしゃれになる♡《モノトーン収納》の参考例

Cover image: www.instagram.com

家の中で、一番生活感が出てしまうのがキッチン周り。

細かい雑貨や消耗品が多く、すっきりと収納するのが難しいですよね。

そんな時は、白や黒を基調にしたモノトーン収納グッズを取り入れることで、洗練されたキッチンにイメチェンできます。

今回は、Instagram(インスタグラム)で見つけた、おしゃれな収納テクをご紹介します。

キッチンが見違える!おしゃれ《モノトーン収納》
①保存容器はファイルBOXに

キッチングッズの中でも、サイズが異なって、綺麗に収納できないのが、タッパーやマイボトルなどの保存容器。

「syoko.t.home」さんは、無印良品のファイルボックスを使って、うまく収納しています。

ホワイトを基調にしているので、清潔感があり、すっきりとした印象ですよね。

ハーフサイズのファイルボックスが、ちょうどいいそうですよ♪

キッチンが見違える!おしゃれ《モノトーン収納》
②調味料にはラベルを貼る

マヨネーズ、ケチャップ、スパイス類の調味料を、すべてボトルに詰め替えて使っている、「___hiiiichan___」さん。

ボトルを同じサイズに揃えることで、きっちりと整理整頓されているのが、一目で伝わります。

最近では、オリジナルのラベルシールを作るママも増えていますよね。

この一手間が、おしゃれ度をグッとUPさせるコツなんですね!

キッチンが見違える!おしゃれ《モノトーン収納》
③牛乳パックにもケースを♪

na0さん(@na0_home)がシェアした投稿 -

こちらは、コピー紙をラミネートして作ったという、牛乳パックカバー。

牛乳パックにカバー!?と驚いてしまいますが……。

確かに、パッケージが露出していると、生活感が急に滲み出てしまって、おしゃれではありませんよね。

お客さんが来た時やホームパーティをする時などにも、このまま出すことができるので、参考にしたいテクのひとつです♪

キッチンが見違える!おしゃれ《モノトーン収納》
④邪魔なビニール類はワンプッシュケースにIN

細々として邪魔だけど、使うから捨てられない……という、ビニール袋や輪ゴム。

100均のワンプッシュケースに入れてしまえば、見た目もすっきりして、場所をとりません。

片手で開けられるので、家事や掃除中でも、ササッと取り出せるのだとか。

オリジナルのラベルや、シールでデコると、さらにおしゃれになりそうですね。

キッチンが見違える「モノトーン収納」
⑤転写シールでおしゃれにデコ

台所用洗剤やファブリーズなどの液体類は、白を基調にしたスプレーボトルで統一。

英字の転写シールを使うと、おしゃれなインテリアのような感覚で、キッチンに置いておくことができます。

100均でも材料が揃うそうなので、要チェックです!

キッチンが見違える「モノトーン収納」
⑥カッティングシートを活用

キッチン周りの棚は、一番目に入るスペースです。

カッティングシートを使うと、ガラリと部屋の雰囲気を変えることができますよ。

「hiii_akn」さんは、白と黒のカッティングシートで、お手軽にイメチェン♪

賃貸だと、なかなかインテリアが工夫しづらく、気に入らない部分も多いものですが……。

これなら、簡単に貼って剥がせるので、試してみたいですね。
キッチンは、ちょっとした工夫でおしゃれに変身します。

ご紹介したモノトーン収納のアイデアを、ぜひ試してみてくださいね。

キッチン モノトーン 収納 インテリア リメイク おしゃれ Instagram(インスタグラム)

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

田中亜希子

昨年末に結婚したばかりの、新米主婦です。
ファッションやメイクが大好きなので、トレンド情報を…

>もっとみる