抱っこ紐の選び方って?《機能性・デザイン・低価格》タイプで比較♪

抱っこ紐の選び方って?《機能性・デザイン・低価格》タイプで比較♪

お出かけ時はもちろん、寝かしつけのときにも大活躍する赤ちゃん子育ての必需品といえば、「抱っこ紐」ですよね。
おしゃれなデザインや機能などバリエーションが豊富なので、どれを選べば良いのか迷ってしまいませんか?
今回は、抱っこ紐選びの参考になるよう、機能性や価格帯などカテゴリ別におすすめのブランドをご紹介していきます♡

ブランド別に比較!抱っこ紐の選び方
《おしゃれ重視》エルゴベビー

エルゴの抱っこ紐

www.amazon.co.jp

カラーバリエーションが豊富な抱っこ紐は、おしゃれママの満足度も高いもの。
デザインで選ぶなら、抱っこ紐の定番とも言えるErgobaby(エルゴベビー)がおすすめ。
同じブランドでも、限定色もたくさん登場しているため、周りのママと差をつけることができそうです。
もちろん、使い心地や機能性も高く、セレブから世界中のママたちに人気の抱っこ紐です。

【関連記事】エルゴの抱っこ紐はどれを選ぶべき?人気カラーや海外限定をチェック♡

抱っこ紐(ひも)といえばこれ!と定番中の定番となっているErgobaby(エルゴベビー)。エルゴ用...

エルゴベビー 公式HP

ブランド別に比較!抱っこ紐の選び方
《可愛さ重視》エアリコ

エアリコの抱っこ紐

airricobaby.com

こちらの「エアリコ」はベテラン助産師が考案した抱っこ紐ならぬ“抱っこウェア”♪
デザインから素材選びまで、丁寧に仕上げられたアイテムなんです。

特殊構造によりとっても軽く、腰痛になりにくい作りになっています。
また、可愛い柄やお気に入りのカラーが見つかること間違いなしの抱っこ紐で、おしゃれママ&パパも納得のデザイン!

日本産プレミアムリネンで作られたアイテムだったり、オーガニックコットンを使ったアイテムなど、こだわりの素材・機能・デザインが詰まっています。

エアリコ 公式HP

ブランド別に比較!抱っこ紐の選び方
《機能重視》アップリカ コランCTS

コラン ビッテ CTSの抱っこ紐

www.aprica.jp

Aprica(アップリカ)の「コランCTS」は、ママのお出かけをより快適にサポートする“キャリートラベルシステム”という機能が魅力!

アップリカから発売されているベビーカー「ラクーナ」に、抱っこ紐のまま乗せかえができるんです♪お出かけ先の階段の移動もスムーズになりそうですね。

小柄なママも疲れにくい、日本人の体型に合わせた仕様になっています。

コラン CTS AB<リュクス>

¥23,760

販売サイトをチェック

ブランド別に比較!抱っこ紐の選び方
《軽さ重視》コンビ セオッテ

コンビのセオッテ抱っこ紐

www.amazon.co.jp

軽くて機能性も高い抱っこ紐なら、Combi(コンビ)のセオッテがおすすめ!
製品重量がたったの430gなので、とても軽くて持ち運びも楽チン♪
腰ベルト付きなので、掃除や料理など赤ちゃんをおんぶしながらの家事もラクラク。
また、「首カックンサポート」で赤ちゃんが眠ったときにグラグラする首や、ママが歩くときに揺れてしまう頭もしっかりとホールドしてくれます。

コンビ セオッテ ON-E リボンブラック

¥8,900

販売サイトをチェック

ブランド別に比較!抱っこ紐の選び方
《価格重視》西松屋のひも式抱っこひも

西松屋のひも式抱っこ紐

www.24028.jp

セカンド抱っこ紐として意外と人気を集めているのが、昔ながらの「ひも式」の抱っこ紐。
フィット感や赤ちゃんを背負う位置も手軽に調整でき、寝かしつけなど赤ちゃんをすぐ抱っこしたいシーンにも大活躍!
西松屋では、クマ柄・星柄・ヒッコリーの可愛い3タイプが登場しています。

ひも結び式抱っこひも(ヒッコリー)

¥1,780

販売サイトをチェック

ブランド別に比較!抱っこ紐の選び方
《価格重視》ケラッタ ヒップシート

www.amazon.co.jp

同じくセカンド抱っこ紐としておすすめなのが、kerätä(ケラッタ)のヒップシート。
前向き抱っこ、対面抱っこはもちろん、おんぶやヒップシートとしても使える4WAY仕様!

寝かしつけでちょっと抱っこだけしたいシーンや、抱っこ紐を使う年齢でもないけれど、子供が疲れて歩けないときに抱っこするシーンもヒップシートならラクラクです♪

【関連記事】寝かしつけに便利!新タイプの抱っこ紐「ヒップシート」って?

夏の暑い時期は、体温の高い子どもを抱っこするだけでも、汗がびっしょりになりますよね。そ...

kerätä ヒップシート

¥2,980

販売サイトをチェック

ブランド別に比較!抱っこ紐の選び方
《新生児向け重視》ベビージョルン

www.amazon.co.jp

まだ首の座らない、生まれた赤ちゃんの縦抱っこは不安ですよね。
BabyBjorn(ベビービョルン)の抱っこ紐の特徴は、インサートなしで新生児に使うことができる点です。
また、セパレート式になっているため、眠った赤ちゃんを起こさずにベッドに移動させることができます。赤ちゃんが良く寝てくれると人気の抱っこ紐です。

ベビービョルン シティネイビー

¥11,980

販売サイトをチェック
機能やデザインや価格別におすすめの抱っこ紐をご紹介しましたが、選び方の参考になりましたか?
使うシーンによって、抱っこ紐に求められる機能は変わってくるもの。
自分はどんなときに利用するのか考えてみると、選びやすくなりそうですね!

【関連記事】転落注意!赤ちゃんを守るための”抱っこ紐”《使用時の注意点》とは

度々ニュースでも取りあげられる機会のある、“抱っこ紐”使用時の転落事故。特に、低月齢の赤...

抱っこ紐 ベビーグッズ 赤ちゃん 子育て

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

子育て、お出かけ、ファッションと気になることを書いています。
好奇心旺盛ライターです。

>もっとみる