突然来ても大丈夫!娘が「初潮」を迎える前に準備したい5つのこと

子育て・ライフスタイル

「初潮」や「生理」などの体の仕組みを学ぶのは、以前は小学5年でしたが、今では保健の授業の一環として、小学4年で学びます。

子どもが体のことを学んだタイミングで、「初潮」や「生理」に関する準備しておきたいことをご紹介します。

■早くなっている「初潮」年齢

一昔前と比べ、女の子の体の発育は早くなり、身長も高めです。

その影響もあってか、小学5年生のはじめに「初潮」を迎えるケースも珍しくありません。

「自分の娘は小柄だから、初潮は遅いかも」

「娘はバレエをずっとしているからスレンダーだし、初潮が来るのが遅いはず」

と思っていたママの予想よりもはるかに早く初潮を迎えた、というケースも少なくないのです。

娘が初潮を迎える前の準備① "女性の先輩"として娘へ教える

小学校4年生になると文部科学省から配布されるのが、「保健」という教科書。

小学校で行う保健は、体育の授業の一環として座学で行われ、理解度を確認するためにテストもあります。

「初潮」は小学校4年生で、人間の体の仕組みを学ぶときに触れます。

何を学んでいるかは、学年通信でも把握できます。

娘が初潮について学校で学んだタイミングで、一人の女性の先輩として、「赤ちゃんができる体になる」ということをきちんと話しましょう。

娘へ初潮のことを話すと、ナプキンの取り換えが面倒くさい、プールに入りにくいなどと言ってくるかもしれません。

そんな時は、生理が来るということは「健康の証(あかし)=発育が順調」であることを、しっかりと伝えましょう。

娘が初潮を迎える前の準備② 予兆がなくてもナプキンポーチや巾着を!

学校で初潮について触れたら、いつなっても対処できるよう、ナプキンポーチ(または巾着)を用意することをおすすめします。

大きすぎるとポーチが目立つので、子どもが持ちたがりません。

ランドセルのスペースに入るくらいの文庫本サイズを目安に選びましょう。

普通の日用を2枚、多い日用を1枚程度ポーチに忍ばせておくと、1日くらいは大丈夫ですね。

娘が初潮を迎える前の準備③ オーバーパンツの用意

www.bellemaison.jp

最近の女の子は、防寒などの目的で、黒や紺のオーバーパンツを履いていることも多いことかと思います。

最近のティーンズ向けのオーバーパンツには、左右にナプキンを入れるポケットが用意されているものも。

通販サイトでもオーバーパンツが発売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

娘が初潮を迎える前の準備④ 生理になったシーン別に対策を考える

生理が来るときのシーンは、それぞれ違いますよね。

学校など、家庭以外の場所で娘が初潮になった場合、当然のことながらママは、その場でサポートができません。

娘が突然生理になってパニックにならないためにも、自宅以外でなった場合の対策を考えましょう。

学校であれば、保健の先生に頼るか、担任が男性という場合なら、別のクラスの女性の先生へ相談するのも一つの手ですね。

娘が初潮を迎える前の準備⑤ ナプキンの取り換えのサポート

長さや、ズレ防止のためのサイドの羽あり・羽なしなど、ナプキンのタイプもさまざまですよね。

初潮になったときに、サイドの羽の部分を装着するのに時間がかかることも……。

最初の生理に関しては、娘と一緒にトイレに入り、ナプキンの装着のサポートや確認することをおすすめします。

ママがサポートするだけでも、娘は安心できますよ♪

初潮や生理に関する準備をしっかりしておけば、娘が突然生理になったという事態でも、慌てずに対処ができます。

これから娘が小学4年になるという方は、ご紹介した内容を参考にして準備をしてみてはいかがでしょうか。