お金が増える基本の"キ"!「頑張らない家計管理」の5ステップとは

お金が増える基本の"キ"!「頑張らない家計管理」の5ステップとは

毎日の通勤や仕事に家事、育児……。多忙な日々の中、漠然としたお金の不安を持っている方も実は多いのです。

私たちが不安になるのは「知らない」ということに原因があります。その不安の多くは「お金を知る」ことで解決できます。

現代社会を生き抜くうえで武器になる「お金の知識」を磨いてみませんか?

ここでは、お金を増やす基本となる「頑張らない家計管理」の方法をご紹介します。

お金が増える!「頑張らない家計管理」の5ステップって?

「頑張らない家計管理」の5ステップは、こちら。

1) 毎月の食費、日用品の平均金額を計算する

2) 平均金額を基準にして、食費・日用品の1ヵ月の予算を考える

3) ATMから1ヵ月の予算を出金する

4) 1ヵ月の予算を4分割する

5) 4分割した予算の1回分を使って、8日間生活する

(最後は、1回分の予算で6日間か7日間で過ごすことになります)

例えば、月4万円と設定した場合は4万円÷4=1万円になります。8日間の予算は1万円です。

この家計管理のポイントは「予算内で8日間過ごす」ということ。お米も調味料も、洗剤もこの予算の中でやりくりします。

この方法のメリットは2つあります。

1.予算内で生活するだけで家計簿をつける必要がないこと

2.予算が決まっているため、今までなんとなく使っていた使途不明金に気づくことができること

家計簿がないので、細やかな管理は必要ありません。予算が足りなくなると、どうして予算が足りなくなったかを考えることになります。

解決策を考える過程で、「なんとなく」使ってきたお金に気づくことができるのです。

お給料日にATMから予算を引き出すだけで、「頑張らない家計管理」の完成です。

やりくりしている自分を楽しむ♪

家計をやりくりすることが、面倒だと感じている方も多いでしょう。

「忙しい毎日に家計管理なんて……」と思ったり、やりくりができない自分に罪悪感を持ってしまう方もいるかもしれませんね。

モチベーションを上げるために、私が行っている方法をご紹介します。

それは、「やりくりをさせられている」のではなく、「やりくりをしている私ってかっこいい!そんな自分をほめてあげよう。」と捉えること。

そんなふうに気持ちを切り替えるだけで、毎月の予算の中でオシャレな調味料を買うことだってできますし、1本600円の高級柔軟剤を買うこともできるのです。
「頑張らない家計管理」のコツは、予算内でやりくりして、どれくらいのお金を使っているかをざっくりと「知る」だけです。

毎月の予算が決まっている分、あなたにとって必要なものを見極められるようになります。

忙しくても大丈夫。改めて、家庭のお金を増やす第1歩を一緒に踏み出してみませんか?

お金が増える 頑張らない 家計管理 30代 方法 お金 資産運用 家計簿 ファイナンシャルプランナー 女子力 マネー

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

荒木千秋/本気の家計プロ

荒木 千秋/1983年生
 
【肩書き】
ファイナンシャルプランナー

【…

>もっとみる