1歳を超えても終わらない夜泣き。卒乳後の対策はどうしたらいいの?

5〜6ヶ月頃から始まる夜泣き。1歳くらいにはしなくなる、という赤ちゃんも多いですが、平均では1歳半頃まで夜泣きは続いてしまうようです。もちろん、それ以降も続く場合もありますよね。
授乳中は、オッパイをあげると夜泣きが収まるパターンがほとんどですが、卒乳してしまった後はどうしたらいいの?と不安なママも。そこで今回は、夜泣きの対策をいくつかご紹介します。

1歳を超えた赤ちゃんの夜泣き対策①卒乳初日、ママは寝られないのを覚悟!

まずは卒乳初日。夜泣きというか、寝かしつけも大変!とりあえず、赤ちゃんはひたすら泣きます。なかなか寝てくれません。

2〜3時間かけてやっと寝たと思ったら、また夜中に何度も起きます。朝まで寝られなかった、というママも少なくはないはず!

実際に私も、夜中にお気に入りのアニメを見せて落ち着かせたりしていました。おっぱいがNGなので、ジュースの入ったマグを準備したり、パンをかじらせたりと、いろいろな方法を試しました。

1歳を超えた赤ちゃんの夜泣き対策②抱っこやトントン、子守唄はどうか?

赤ちゃんの定番の寝かしつけといえば、抱っこ、背中トントン、子守唄です。

これまで添い乳だったために、すぐに抱っこで寝てもらうというのは難しいですが、根気よく毎日試していると、“抱っこは寝るものなんだ”と、赤ちゃんは認識してくれるようになります。

このようになれば、夜泣きの時も抱っこをすると再び眠りについてくれるので、ママはだいぶ楽になります。他にもオルゴールのCDをかけるなど、子守唄対策も効果的です。

1歳を超えた赤ちゃんの夜泣き対策③添い寝をしてぎゅっ!が安心してくれる

本格的に赤ちゃんが泣き出すとなかなか難しいかもしれませんが、まだグズグズというレベルであれば、添い寝も効果的。

でもこれは、卒乳してから一ヶ月は経っていないと、それまで添い乳だった赤ちゃんはおっぱいと勘違いしてしまうので注意が必要ですね。

ママと添い寝に慣れてくると、赤ちゃんの方から抱きついて寝てくれるようになったりもしますよ。

1歳を超えた赤ちゃんの夜泣き対策④どうしようもない時もある!そんなときは諦めてアンパンマン

アンパンマンに限らず、お子様の好きなアニメや動画、もしくは音楽などで良いと思います。

寝かせることを諦めて、まずは赤ちゃんと一緒に落ち着くのも手です。なかなか泣き止まない、何をしても暴れてしまう、そんな時の赤ちゃんは、きっと半分寝ぼけているのですね。

なので、そんなときは電気を付けて、好きな遊びやDVDで意識を取り戻してもらいましょう。そうすれば自然と眠くなったりもしますし、ご機嫌になってから再度寝かしつけ、という方法も良いかもしれません。
いかがでしたか?私は卒乳してから3ヶ月が経ち、赤ちゃんもぐっすり眠ってくれるようになりましたが、風邪をひいていたり、昼間に興奮するような要素があった時には、やはり夜泣きが未だにあります。
そんなときは試行錯誤しながら、その時その時の状況で対応しています。子育ては、本当に予測不可能なことが多いですよね。

夜泣き 対策 1歳 卒乳 赤ちゃん アンパンマン 断乳 授乳 子育て ライフスタイル

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岡部亜希美

学生の頃よりモデル・タレント活動を行なってきました。1979.10.5生。
昨年夏に男児を出産し、現在…

>もっとみる