子どもに読み聞かせたい♡温かい気持ちになる、林明子さんの絵本4選

子育て・ライフスタイル

林明子さんの絵本は、子どもの頃に読んだことがある方も多いのではないのでしょうか。私もその一人で、柔らかく、温かみのあるタッチの絵が素敵な林明子さんの絵本が大好きです。
最近では、娘用に新しく絵本を買って、寝る前などに読み聞かせています♡

笹川香織
笹川香織
2015.12.03

子どもに読み聞かせたい!林明子さんの絵本①3才〜向け「まほうのえのぐ」

出典:www.amazon.co.jp

「まほうのえのぐ」は、主人公のよしみがお兄ちゃんに貸してもらった、まほうのえのぐでお絵描きをするお話です。

主人公のよしみは、1人だと上手く絵を描けないけれど、動物たちと一緒に素敵な絵を描きあげて、お兄ちゃんをびっくりさせます♡

子どもはお絵描きが大好きですよね^ ^
赤や青や黄色など、色のお勉強にもなりますし、たくさんの動物が出てくるので、絵だけでもとても楽しめます♪
こちらの絵本では、木にも表情があるのも見逃せません!

まほうのえのぐ

¥864

販売サイトをチェック

子どもに読み聞かせたい!林明子さんの絵本②2才〜4才向け「おでかけのまえに」

出典:www.ehonnavi.net

「おでかけのまえに」は作者が筒井頼子さんで、絵を林明子さんが担当された絵本。ストーリーは、主人公のあやこがお母さんとお父さんとピクニックに出掛けるまでを描いています。

あやこはピクニックを楽しみにしていて、当日の外は晴れ♪
早くおでかけをしたいあやこは、お母さんのお弁当作りを手伝ったり、お父さんのバッグをしめてあげようとしたり、さらには自分のお化粧をしたりします。

このように、子どものお手伝いが描かれている絵本です。でも、実際には子どもの「お手伝い」は、親にとって「さらなる手間」になる場合が多いんですよね。絵本を読んで、この両親の寛容さを見習わなくてはと思いました。

とにかく絵本では、あやこのわくわくしている表情がとっても可愛いです♡また、楽しそうに遊ぶ裏表紙もお見逃しなく!

おでかけのまえに

¥864

販売サイトをチェック

子どもに読み聞かせたい!林明子さんの絵本③3才〜向け「はじめてのおつかい」

出典:www.ehonnavi.net

「はじめてのおつかい」の主人公は、5才のみいちゃん。赤ちゃんのお世話で忙しいママの代わりに、初めて1人で牛乳を買いに行きます。

いつか我が子も経験する、はじめてのおつかい。親の立場としては、みいちゃんを我が子と重ねて読んでしまいます。

坂道を走って転んでしまったり、自転車が猛スピードで来たりするなど、子どもに「気をつけようね」と教える場面もあります。

絵本の1ページ目では、人形にミルクをあげていたみいちゃんが、裏表紙では自分が買ってきた牛乳を赤ちゃんと一緒に飲んでいて、みいちゃんの成長を感じて胸にくるものがあります♡

はじめてのおつかい

¥864

販売サイトをチェック

子どもに読み聞かせたい!林明子さんの絵本④4才〜向け「こんとあき」

出典:www.amazon.co.jp

あきが生まれたときからいつも一緒に過ごしている、きつねのぬいぐるみのこん。
「こんとあき」は、古くなったこんを直してもらいに、”さきゅうまち”にいるおばあちゃんのところまで2人で旅をするお話です♪

こんとあきが駅のホームでお話している表紙がとても可愛く、目を引く絵本です♡
お話では、おばあちゃんのお家に着くまでにハプニングがたくさんあるので、ハラハラドキドキし、無事着いたところではうるっとします!

今では、私の方が娘よりも入り込んで読んでいます。

こんとあき

¥1,404

販売サイトをチェック

1歳9ヶ月の娘はずっと絵本を見ていられないので、物語に絡めながら絵を見て、一緒に話しています。
林明子さんの絵本は、違う絵本の登場人物がさりげなく出ていたり、脇役もボヤることなく存在していて、隅々まで見ると色んな発見があってとても面白いです!

絵本の主人公の女の子がどの子もとても可愛くて、自分の子どもと重ねてしまいます♡プレゼントにもいいですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。