新作ランドセルが販売スタート!来年新一年生のママはいつ買うべき?

新作ランドセルが販売スタート!来年新一年生のママはいつ買うべき?

春先から検討し始める方が多い、ランドセルの購入。

入学の直前に焦らない為にも、早めの時期からチェックすることをおすすめします。

年々、ランドセルの発売&購入時期が早まっていますが、一体どのようなスケジュールが一般的なのでしょうか。

不安でいっぱいの、来年新一年生の子どもを持つママに、おすすめのスケジュールなどを伝授していきます。

ランドセルの購入時期はいつがいいの?
①新作のお披露目は、4月・5月!

www.kandaya-kaban.net

購入時期に迷ってしまうランドセルですが、最近では新製品が発表されるのは、なんと、4・5月。

実に、入学の1年前なんです。

6月頃からはパンフレットが配布され、百貨店にもランドセルが並びます。

ブランドにこだわるのなら、お目当てのランドセルを取り扱っている店頭へ行って、質感やデザインを比較してみると良いでしょう。

重さやサイズ感は、カタログを眺めているだけではわかりません。

お盆の時期は田舎に帰って、おじいさんおばあさんとランドセルを見に出かける方も多いので、売り場も大混雑しているのだとか。

ランドセルの購入時期はいつがいいの?
②10~11月に買うのもお得感あり!

raraya.co.jp

じっくり吟味したい方は、秋頃までの時期を目安に購入すると良いでしょう。

「あと半年で小学生なのね……」とママたちが感じ出す頃、つまり、秋頃に購入する方が、実際のところも一番多いようです。

メーカーとしては、早い時期にオーダーをもらえると生産コストが抑えられることから、早割をしていることが多いようです。

春頃から10月、11月くらいまでが一般的な早割期間。

ニトリでも、10月9日までは早割キャンペーンを行なっているようです。

ニトリ ランドセル早割キャンペーン

ランドセルの購入時期はいつがいいの?
③オーダーメイドを考えているなら夏前には決めたい

www.kandaya-kaban.net

平均的なデザインが良いなら既製品で十分ですが、色やデザインなどをオーダーメイドしたい!という方も毎年増えているようです。

ネットでオーダーできるメーカーがほとんどなので、工場に出向かなくてもOKですが、とにかく人気なので、オーダーメイドのランドセルを購入する時期は夏前がおすすめです。

メーカーが決めた順番にしたがって、色やデザインを一つずつ選んでいき、世界に1つのランドセルが完成するのは、親子共に嬉しいですよね!

基本的に、選ぶ部分が増えるにつれて、値段はアップしていきます。

素材(合成皮革、牛革、コードバンなど)、本体の色、背当ての形、刺繍の色やデザイン、金具など、メーカーや種類によって、オーダーできる範囲は色々です♪

早めにネットでチェックしておきましょう!

ランドセルの購入時期はいつがいいの?
④早めに購入する時の注意点があった!

item.rakuten.co.jp

既製品で十分だという方は、秋頃までを目安に購入すれば大丈夫ですが、オーダーメイドを検討している方は、遅くても夏前にはオーダーをしたいですね。

早めに購入に踏み切る場合の注意点としては、

✔︎素材やメーカーによって重さに違いがあるので、店頭で実際に見てみると良い
✔︎お子さんの気持ちが変わらないよう、デザインや色について十分話し合う
✔︎高学年になっても使えるよう、子どもっぽいデザインは避ける

などが、挙げられます。

オーダーメイドする場合、返品交換は基本的にできないので、デザインや素材、色について、子どもとよく話し合い、気持ちが変わらないことを確認しておきましょう。

また、6年間使うことを念頭に、あまり子どもっぽいデザインは避ける方が無難でしょう。

親子で意見が割れる場合は、子どもが使うものなので、なるべく意見を尊重してあげたいですね。

土屋鞄

最近では、1年前に買うのが目安だと言われているランドセル。

人気のデザインが売り切れになり、ショックを受けない為にも、早めに買うことをおすすめします。

老舗人気メーカー土屋鞄の「コードバンつや有り仕上げ」シリーズは、5月半ばにすでに完売済み!

他のシリーズはまだ予約受付中なので、早めにチェックしてみてくださいね。

カタログを請求したり、店頭で比較したり、先輩ママに相談したり、近所の子どもたちの様子を観察してみるのも、良さそうです♪

ランドセル 購入 時期 新作 新商品 新一年生 2019年

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

矢萩 可南

6歳の娘・4歳の息子と、アクティブに楽しい毎日を過ごしています♪
子育て・美容・ファッションのこ…

>もっとみる