道端三姉妹を美人モデルに育てあげた《母の教え》4か条とは?

子育て・ライフスタイル

道端(みちばた)カレンさん、道端(みちばた)ジェシカさん、道端(みちばた)アンジェリカさんの三姉妹は、美人モデルとして有名です。

モデル・タレントとして、様々な分野で活躍をしている道端三姉妹ですが、幼少の頃は、どのように過ごしていたのでしょうか。

娘たちにモデルになってもらいたい……という夢を持っていたという、道端三姉妹の母、道端富子さん。

独自の教育法は、子育て真っ最中のママにとって、大いに参考になりそうです♪

道端三姉妹を美人モデルに育てあげた母の教え①「お豆をたくさん食べなさい」

次女の道端ジェシカさんは、オーガニック食品にこだわりがあることでも有名で、そのライフスタイルが多くの女性から支持されています。

幼少の頃から、食べ物にこだわってきたというお母さんの教えが関係しているのかもしれません。

素材の味を生かして、シンプルな味付けの家庭料理を振舞っていたそうです。

また外食もしていたようですが、道端三姉妹が一番好きなのは、「ママが作るごはん」だったそう。

あごの発達のことを考え、おやつには堅い豆を食べさせていたのだとか。間食はほとんどさせず、体に良さそうなものをあげていたそうです♪

道端三姉妹を美人モデルに育てあげた母の教え②「大きな口を開けて笑うのよ」

おしとやかに慎ましく、女性らしく……という風潮が好まれる日本人は、あまり口を大きく開けて笑わない傾向にありますよね。

でも道端三姉妹のSNSには、日本人離れしている美しい笑顔がたくさんアップされています。

これは、幼少の頃から「大きく口を開けて笑って良いのよ」と教えられていたことが関係しているようです。

口元や顎がたるんでいると老けて見えると気づいた道端三姉妹のお母さんは、口周りの筋肉を使うよう意識させてきたのだとか。

道端三姉妹を美人モデルに育てあげた母の教え③「あなたはダイヤモンドよ」

日常で、面と向かって子どもに「かっこいいね!」「素敵ね♡」などと褒めることはありますでしょうか?

日々褒め続けていると、子どもは子どもなりに自信を持てるようになるのだとか。

「そんなことしているから、ダメなのよ」などという否定的な言葉をかける回数は、なるべく減らした方が良い、と道端三姉妹のお母さんは言います。

道端三姉妹のお母さんは、「あなたが一番素敵よ!あなたはダイヤモンドなのよ♡」と伝え続け、美人に育て上げたそうです♪

道端三姉妹を美人モデルに育てあげた母の教え④「ヒールを履くのは大人になってからよ」

学校で正座ができなくて先生に叱られたこともあるほど、普段、正座をする習慣はなかったと語る、道端三姉妹。

正座は、脚の長さや形に影響すると考え、道端三姉妹のお母さんは、日々の姿勢に気を配っていたようです。

昔よりも正座をする機会は減りましたが、園や学校、家で正座の習慣がある……という方は、これを機に見直してみると良いかもしれません。

また道端三姉妹のお母さんは、幼少の頃からヒールを履かせていると脚の成長を止めてしまうという考えから、大人になるまではスニーカーを中心に履かせていたようです。

道端三姉妹が揃って抜群のスタイルを維持しているのは、こういった幼少の頃からの習慣ゆえかもしれません♡

Love my family❤️❤️❤️

Jessica Michibataさん(@jessicamichibata)がシェアした投稿 -

物心ついた頃から娘三人には、「モデルになりなさい」と言って育ててきたという、道端三姉妹のお母さん。

幼少の頃の習慣は、大人になってからも強く根付いているようで、道端三姉妹は「間食はほとんどしない」「笑うときは自然と口が大きく開く」「未だに正座はしない」などと、インタビューで答えています。

道端カレンさん、道端ジェシカさん、道端アンジェリカさん、それぞれが三者三様に輝いていて、同じモデルという世界で切磋琢磨している様子は、本当に素敵ですよね。

私たちの子育ても、いつかどこかで実を結ぶ日が来ると信じて、信念を持って取り組みたいものです♡