急な来客でもおもてなしOK♡「ハッセルバックポテト」のレシピ

グルメ・レシピ

スウェーデンの郷土料理、「ハッセルバックポテト」をご存知ですか?
じゃがいも・塩・オリーブオイルのたった3つの材料で作れる、オシャレなじゃがいも料理です。おもてなしにもピッタリなハッセルバックポテトのオススメレシピをご紹介します♡

平林玲美
平林玲美
2015.12.14

お洒落なおもてなし料理「ハッセルバックポテト」とは?

「ハッセルバックポテト」とはスウェーデンの郷土料理で、別名”アコーディオンポテト”とも呼ばれるじゃがいも料理です。

たくさんの切り込みを入れたじゃがいもをシンプルに味付けし、オーブンで焼いただけのお料理ですが、この見た目がとってもオシャレとSNSで話題に!少ない材料で作れて、さらに見栄えも良いので、急な来客時のおもてなしにも最適と、人気を集めているんです♪

じゃがいもで作る「ハッセルバックポテト」のレシピをご紹介します。

お洒落なおもてなし料理「ハッセルバックポテト」のレシピ♡

まずは、じゃがいもを皮ごとしっかり洗い、端から薄く切り込みを入れていきます。この時、じゃやがいもを挟むようにまな板にお箸を置いて切ると、下まで切ることなく、キレイに包丁を入れることができるのでオススメです。

切り込みが入ったら、もう一度さっと洗ってでんぷん質を洗い流し、キッチンペーパーで拭き取りましょう。次に、切り込み部分ににんにくスライスを挟み、塩をかけて味付けします。仕上げにオリーブオイルをまわしかけ、オーブンで焼けば完成です♡

にんにくと一緒にバジルやパセリ、ローズマリーなども挟むのもオシャレですね。

お洒落なおもてなし料理「ハッセルバックポテト」!チーズ編

ハッセルバックポテトはとてもシンプルなお料理なので、挟むものをチェンジすれば、いくらでもアレンジすることができます。

オススメはチーズIN。チェダーチーズやスライスチーズなどを、とろけるチーズと一緒に厚切りベーコンを挟めば、たちまちボリュームUPのアメリカ風に早変わり。焼きたてのシンプルなハッセルバックポテトにサワークリームをのせて、とろけさせながらいただくのもオススメです♡

オリーブオイルの代わりにバターを使えば、オシャレなじゃがバターにもなります。

お洒落なおもてなし料理「ハッセルバックポテト」さつまいも編

ハッセルバックポテトは、さつまいもで作ればデザートにもアレンジできます。
無塩バターを挟んでブラウンシュガーをかけてスイートポテト風にしたり、りんごを挟んでシナモンをふりかけアップルパイ風にしても、とても美味しいです。

他にも、オートミールやグラノーラに少量の小麦粉を混ぜ、トッピングして焼き上げるのもオシャレです。少ない材料でも豪華に見えるのが、ハッセルバックポテトの魅力です♡

いかがでしたか?スウェーデンの郷土料理「ハッセルバックポテト」の魅力とオススメレシピをご紹介しました。じゃがいもとお塩、オリーブオイルだけでできるので、おもてなし料理のレパートリーに加えてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。