医師が薦める!「乳がん」を防ぐ8つの食事ルールとは?

美容

フリーアナウンサー・小林麻央(こばやしまお)さんの乳がん闘病中というニュースが流れ、今一度乳がんについて考え直したいところ。

そこで今回は、外科医として4千例以上のがん手術を行ってきた西台クリニック院長の済陽高穂(わたようたかほ)先生が推奨する、乳がんを防ぐ8つの食事ルールをご紹介します。

「乳がん」を防ぐ食事ルール①乳製品は豆乳で

がんを予防するためにとにかく必要なのは、免疫力を高めること。

そこでおすすめしたい飲み物が「豆乳」です。

免疫力を高める乳酸菌は、豆乳にも豊富に含まれていて、積極的に摂取したいもの。

普段お水派の方も、今日から豆乳に切り替えてみてもいいかもしれませんね。

「乳がん」を防ぐ食事ルール②野菜と果物を1日350グラム

野菜・果物は、血液中の活性酸素を消す働きがあることで知られています。

抗酸化力のある野菜や果物を摂取することで、普段から健康的な体を保つことができるんですよ。

目安は、1日350グラム摂取すること。

抗酸化作用が高い野菜や果物として、一年中手に入る「バナナ」、森のバターと言われる「アボカド」、ビタミンCが豊富な「キャベツ」が挙げられます。

ビタミンは、加熱すると壊れてしまう性質があるため、生のまま食べることをおすすめします。

「乳がん」を防ぐ食事ルール③動物性たんぱく質・脂質を制限

本来、草食でも生きていけるのが人間の体です。

動物性脂肪を多く摂ると動脈硬化につながり、細菌やガン細胞の芽を摘み取れなくなる可能性が出てきてしまう場合も……。

動物性脂肪を消化し、吸収する働きを持つ胆汁酸は、大腸で分解されると「二次胆汁酸」に変化します。

その二次胆汁酸に発がん物質が含まれているために、胆汁酸が増えるとがんになる可能性が高まる、と言われているんです。

胆汁酸を増やしすぎないためにも、動物性のたんぱく質や脂質を制限する必要があるのです。

「乳がん」を防ぐ食事ルール④きのこ・海藻類を1日1食

きのこには、血液のリンパ球を増やし、免疫機能を上げる効果があります。そして海藻類は、体内の痛んだ細胞やガン細胞を死滅させる作用を持ちます。

きのこは低カロリーで、食物繊維も豊富。ダイエットにも効果的な食材であることで知られ、はるか昔から食べられてきた健康食です。

さらに海藻類には、抗酸化作用やコレステロールを下げる効果が期待できます。

毎日の食事に、1回は取り入れるように努力したいですね。

「乳がん」を防ぐ食事ルール⑤できる限り無塩生活を心がける

塩分の取りすぎは、健康的にもよくないことで有名ですよね。ガンを予防する観点からも、塩分をいかに取りすぎないようにするかは大切なこと。

最近は、減塩の醤油や味噌なども販売されているので、上手に使用して、食事で摂取する塩分量を抑えましょう。

塩分を摂りすぎると胃粘膜が荒れてしまうので、無塩生活に近づけるまでは、胃粘膜を正常に戻すためにも、乳酸菌を積極的に摂取するのがおすすめです。

「乳がん」を防ぐ食事ルール⑥穀物は玄米や全粒粉パンに切り替える

ダイエット効果もあることから、有名人にもファンが多い玄米。実は、優れた栄養バランスから、健康にもいい食材なんですよ。

さらに見落としがちなのが、パン。

乳製品が多い洋食を食べている方が多い欧米でも、長生きをしている方は、全粒粉を好んで食べている傾向にあるのだとか。

玄米や全粒粉パンには、食物繊維やビタミン・ミネラルが多く含まれているので、体に必要な栄養素をきちんと補給することができるんです。

「乳がん」を防ぐ食事ルール⑦レモンとハチミツをうまく利用

抗酸化作用が高いレモンには、ビタミンCやクエン酸など、女性にとって嬉しい成分が詰まっています。

ほかにも、活性酸素を消す働きがあるため、積極的に取り入れたい食材のひとつ。

そして注目したいのが、「花粉入りのハチミツ」。

実はハチミツの花粉には、免疫作用があるんです。花粉症にも効果があると言われていますが、それは優れた免疫作用があるからなんですよ。

適度にレモンや花粉入りのハチミツを食べて、健康的な体を作りましょう♡

「乳がん」を防ぐ食事ルール⑧加熱調理はオリーブ油やごま油

現代人は油をとりすぎだと言われています。そこでおすすめしたいのが、不飽和脂肪酸を含む植物性の油。

シソ油やエゴマ油などをそのままサラダなどにかけると、手軽に食べられます。

ただし、加熱すると酸化しやすいため、加熱する料理に使用する場合は、オリーブオイルやごま油を使用するとベター。

食材の特性を知ることで、効果的に栄養素を摂取することができますよ。

あまり食生活を気にしていなかった方は、この機会に一度見直してみませんか?

家族の健康を保つためにも、良い食事を作ってあげたいもの。ぜひ参考にしてみてくださいね♡