結婚式で両親への贈り物におすすめ☆三連時計

インテリア

結婚式の準備は決めることがたくさんありますが、贈呈品を何にするかも迷うところだと思います。
記念品も良いですが、せっかくなら使えるものが良いなぁと思い、わたしは時計にしました☆
中でも三連時計は、ただの時計とは違って、色々な意味が込められているのでおすすめです♪

三連時計とは?

引用:www.lei.ne.jp

三連時計は、一枚の板を三つに切って作ります☆
左が新郎の両親へ、右が新婦の両親へ、真ん中が自分たちのものとなります。

自然界の木は世界にたったひとつ!それは家族も同じです。
たくさんの関わりの中で出来た年輪はとても大切で、かけがえのないもの。
そんな想いを込めて、“両親へ、木目がつながる”という意味があるのです♡

それぞれの家に置いてあっても、一枚の板なので三つ合わせると木目もつながります。
“新郎新婦と両家が、この時計を通じて同じ時間を歩んでいく”。

素敵なことだと思いませんか?

心を込めて☆手づくり教室

引用:www.lei.ne.jp

三連時計は、オーダーと手づくりどちらかが選べます!

どちらも、まず、
①木の並び、振り子の有無、サイズ
②木の種類 6種(けやき、すぎ、くり、くるみ、ブラックウォールナット)
③文字盤デザイン6種類
④針の型4種類(三角針、台形針、豆針、ハート針)
を選びます。

オーダーはネットで注文できちゃいます!
手づくりの場合は同じ工程ですが、同じ素材の木でもたくさん置いてあるので、色味や木目など実際に見て選ぶところから始まります♪

お休みの日にふたりで作りに行けば、それもとっても良い思い出になるのではないでしょうか♡

“文字入れ”で気持ちを伝えよう♪

引用:zexy.net

オプションで、文字入れもできました♪
自分で考えた、感謝の言葉や記念の言葉を入れることができます。
より心のこもった世界で一つの時計の出来上がり!

また、こちらもオプションですが、スワロフスキーを付けたり、電波時計にしたり、置時計用の足も付けられるのでとても便利です。
わたしは置時計用の足を付けましたが、これはあって良かったなぁと思っています☆

手づくりした場合には、作業風景をスタッフの方が写真撮影してくれます!
当日その写真データをCDでいただけるんです♪
披露宴での演出のムービーの中でもそのデータを使うことができました★

結婚式後も飾れる♪ウェルカムボード

引用:zexy.net

時計だけでなく、オリジナルのウェルカムボードも作れます♪
木の温もりであったかい雰囲気でゲストの方をお迎えできますね★

オーダーの流れは、
①ウェルカムボードのデザインを選ぶ(6種類)
②フォントを選ぶ(6種類)
③木の種類を選ぶ(3種類 けやき、くり、くるみ)
④サイズを選ぶ S(W360×H230×D15mm) L(W420×H270×D15mm)
⑤カラーを選ぶ(5種類)

カラーというのは、お花とスワロフスキー・エレメントの組み合わせと色のこと。
そして二人の名前と挙式日を刻印してもらいます!

オプションでイーゼルも付けることが出来ました♪

結婚式前は他にもたくさんやることがある中で、ネット注文は忙しい時にとても助かります☆
組み合わせがこれだけあるので、自分たちらしいアイテムが作れるのではないでしょうか♡