秋の味覚「松茸」の当たり年!おすすめレシピをご紹介♪

グルメ・レシピ

「食欲の秋」と呼ばれるシーズンがついに到来!
様々な美味しい食材が揃う季節ですが、中でも高級食材として知られるのが松茸です。
今年はそんな松茸の当たり年と言われています♡
その理由と、オススメの簡単レシピをご紹介します。

松茸のおすすめレシピ① 残暑が短かった今年は、国産《松茸》の当たり年♡

秋は様々な味わい豊かな食材が登場する季節。
中でも「秋の味覚の王様」と呼ばれているのが、今回ご紹介する松茸です。

普段は自宅で松茸を食べる機会はほとんどないかもしれませんが、今年はいつもよりも、少し身近な存在になりそうですよ♪

その理由は、8月にしっかりと雨が降った後、急に涼しくなったこと。
こうした夏に雨が多く、残暑が短いという環境が松茸の生育には好条件だったのです!

仕上がりも、香り豊かな高級品♡
このような理由から国産の松茸は好調ですが、その一方で、中国産の松茸に関しては、例年と大差がないようです。

松茸のおすすめレシピ② なんと例年よりも3割近く安い♡

今年は《松茸》の当たり年!となれば、気になるのはその価格ですよね。

現在すでに販売している店舗では、例年の価格よりも、3割近くも安いんだそう!
進物用に買うお客様が多いという西武池袋本店でも、すでに国産の松茸の売れ行きが、2割も増えているんだとか。

とはいっても、やはり高級品。
今年の価格でも、一箱約300gで、3万5千円ほどはするのが相場です。
300gと言うと、だいたい4~5本ほどにあたります。

もし今年、自宅で松茸を購入する機会があったら……。
その5本を、どう使いますか!?

松茸のおすすめレシピ③ 定番の「ホイル焼き」はおつまみにも◎

引用:recipe.rakuten.co.jp

普段あまり口にする機会のない松茸ですが、せっかく手に入りやすい当たり年なのであれば、お家でも楽しみたいですよね♪松茸本来の風味を生かした、簡単レシピを覚えておいて、ぜひ食卓に取り入れてみてください。

まずご紹介する簡単レシピは、「松茸のホイル焼き」です。
材料は、
・松茸 大きめのものを1/2以上
・バター 15g
・しょうゆ 小さじ1杯
これだけです。
作り方もカンタン!

まず、松茸に5cmほどの切れ込みを入れ、割きます。
次に、割いた松茸とバターをアルミホイルで包み、フライパンに乗せて、中火で焼きます。
3分ほど経ったら様子を見て、松茸がしんなりしてきたら、お醤油を垂らして完成です。
最後にお好みで、すだちやレモンを絞っても美味しいですよ♡

松茸のおすすめレシピ④ 絶対押さえておきたいのは「松茸ごはん」!

一箱松茸を購入するとしたら、「ホイル焼き」にしてもまだ余るはず!そうなったら、絶対に押さえておきたい「松茸ごはん」を作りませんか?
味付けが難しそう……と思いがちですが、風味豊かな松茸を使うので、作り方はカンタンなんです♪

◆材料
・松茸 1本
・しょうゆ 大さじ3杯
・味付け 顆粒だし 小さじ2.5杯
     料理酒 大さじ2杯
     砂糖 小さじ1/2杯
・お米 3合

◆作り方
まず通常通りお米を研ぎ、炊く時にお水と一緒に「味付け」用の3種の調味料を混ぜておきます。
ご飯を炊いている間に、フライパンでお醤油を煮立たせて、その中に松茸を程よい大きさに割いたものを、投入します。
ご飯が炊けたら、お醤油で炒めておいた松茸を混ぜ合わせて、完成!

贅沢な一品は、こんなにも簡単に仕上がるんです♡
風味豊かなゴハンは、お子さんウケもバッチリですよ。

毎年、買いたいけれど、その気持ちをグッと我慢していた……。
そんな主婦の皆さんには、「松茸の当たり年」というのは朗報ですよね!
今年は松茸料理を楽しむご家庭も、増えるかもしれません。