あなたのお部屋は大丈夫?いい香りのお部屋になる4つのポイント♡

インテリア

自宅に帰ってきて「あれ?なんか臭い?」と感じたことはありませんか?
どんなに可愛いインテリアを揃えても、どんなにキレイにお部屋を掃除しても臭いと全てが台無しになてしまいますよね。

ちょっとした工夫でできる気持ち良くくつろげるいい香りのお部屋づくり、トライしてみませんか?

良い香りの部屋にするポイント①まずは徹底的に、でも簡単に消臭しましょう

お部屋のニオイの原因は、汗の蓄積、食べ物、タバコ、ゴミ箱からと様々。いい匂いにしたいからといって、むやみやたらにディフューザーや芳香剤を置いてもまったく意味がありません。

まずはしっかり嫌なニオイを取り除くことから始めましょう。嫌なニオイを一掃させてからステキな香りをつけるのが大切です。

とても簡単に良い香りのお部屋にする方法をご紹介します。

良い香りの部屋にするポイント②消臭の基本中の基本

まずは”換気”。窓を開けて空気を入れ替えましょう。

そして次に”掃除”です。掃除機をかけて、拭き掃除をしましょう。

最後は”洗濯”です。この時、忘れてはいけないのがソファやカーペットの洗濯。布製品って日々汗などを吸い、それが蓄積されていてニオイの原因となっていることが多いんです。

ソファやベッドのカバーなどは洗濯機へ、洗濯できないものはしっかり消臭スプレーをかけましょう。

良い香りの部屋にするポイント③置く場所を変えるだけで効果が変わる?

みなさんもお部屋にきっと置いてるはずの消臭剤と芳香剤。ディフューザーやアロマを置いてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。その辺にポンっと置いているという方も多いと思います。

悪臭は空気よりも重いので足元に溜まりやすいもの。ですので、消臭剤はなるべく低い位置に置くようにしましょう。

タバコやゴミ箱などの強いニオイが部分的に発生するものには、ニオイの原因となるもののすぐ側に専用の消臭剤を置いてみてください。逆に良い香りの芳香剤など、匂いをつけるものは高い位置、人の高さのところに置くと香りが届きやすくなります。

ちょっと置く場所に気をつけるだけで効果を発揮してくれるので、早速試してみてくださいね♡

良い香りの部屋にするポイント④お客さんが来る前にシュッ♡

お客さんが来る時などは香りにも特に気を使いたいところですよね。

そんな時は窓を開けて、風の入り口に良い香りをつけるもの、風の出口には消臭剤を置いてしばらく換気しましょう。それが済んだら、サッと手早くいい香りを充満させてくれるスプレータイプのフレグランスをシュッとすれば、バッチリ良い香りのお部屋になりますよ♡

いかがでしたでしょうか。良い香りのお部屋になれば、きっとお友達も招きたくなるはず♡
簡単に手軽に、ちょっとした工夫でしてただけるポイントですので、是非試してみてくださいね。