時短なのに《一汁三菜》!鶏肉をメインに使った節約献立レシピ

グルメ・レシピ

毎日の夕食、「何を作ろうかな?」と考えるのも大変ですよね。

旬の食材や特価食材を使った、リーズナブルな節約献立はいかがでしょうか?

今回は、メインおかずを作りながらサブおかずを2品、さらにスープも作ってしまいます。

節約だけでなく、時短もできる献立をご紹介します♪

メインおかず「食欲がススム♪鶏肉の甘辛炒め」

時短で作るには、先に、使う食材を切ってしまうことがポイントです。

メインおかずをフライパンで炒めている間に、サブおかずを和えていけば、同時進行で作ることができます。

今回ご紹介する献立のメインおかずは「食欲がススム♪鶏肉の甘辛炒め」。

鶏肉は、お肉の中でもリーズナブルな食材です。さらに、たんぱく質が豊富で低カロリー。節約献立には、もってこいの食材ですね。

食欲そそる甘辛い味付けで、ごはんが進みますよ。

【材料 (4人分)】

・鶏もも肉…2枚
・塩・こしょう…各少々
・ごま油…大さじ1
・おろしにんにく…小さじ1
・刻みシソ…適量
A コチュジャン…大さじ2
A しょうゆ・みりん…各小さじ2

【作り方】

1. 鶏肉はフォークで数か所刺し、食べやすい大きさに切って、塩・こしょうを揉み込む。

2. フライパンにごま油とにんにくを弱火で熱し、にんにくの香りが立ってきたら、鶏肉を皮目の方から焼き、きつね色になったらひっくり返し、蓋をして蒸し焼きにします。

3. 鶏肉に火が通ったら火を止め、合わせたAを入れてよく絡めます。

4. 皿に盛り、お好みで刻みシソを乗せて完成。

タレを加えて炒めると焦げ付きやすく、フライパンの片付けが大変ですよね。

鶏肉に火を通した後、火を止めてからタレを絡めれば、フライパンを焦がさずにできあがります。洗い物の手間が、少し省けますよ。

サブおかず1「たたききゅうり」

1つめのサブおかずは「たたききゅうり」です。

きゅうりは切らずに、手で割るのがポイント!

手で割ることで、切り口がザクザクになり、味がしみ込みやすくて早く仕上がります。

【材料(4人分)】

・きゅうり…2本
A めんつゆ (3倍濃縮)…大さじ1
A ごま油…小さじ1
A おろししょうが…小さじ1/2

【作り方】

1. きゅうりはへたを取り、めん棒でトントンと叩いて、手で食べやすい大きさに割ります。

2. ビニール袋にAを合わせ、1のきゅうりを加えて、袋の上からよく揉み込みます。

サブおかず2「トマトのシソ和え」

2つ目のサブおかずは「トマトのシソ和え」です。

1つ目のサブおかずは”緑色おかず”なので、こちらは”赤色おかず”にして、彩りにも変化をつけます。

【材料(4人分)】

・トマト…2個
・シソ…3枚
・かつお節…小2パック(1袋3g程度入った小パックを使用)
・しょうゆ…小さじ2

【作り方】

1. トマトは食べやすい一口大の大きさに、シソは千切りにします。

2. ボウルにトマトとかつお節を入れ、しょうゆを加えて混ぜます。最後にシソを盛り付けます。

汁物「エリンギと春雨のスープ」

汁物は「エリンギと春雨のスープ」です。

エリンギも春雨も、安定してリーズナブルな食材なので、節約献立にはとても役に立ちます。

春雨は乾物で日持ちもするので、常備しておきたいですね。

【材料(4人分)】

・春雨…20g
・エリンギ…2本
・鶏がらスープの素…大さじ2
・水…3カップ
・乾燥パセリ…少々

【作り方】

1. エリンギは縦に手で裂いておきます。

2. 鍋に水を入れて沸かし、鶏がらスープの素、春雨、エリンギを入れ、ひと煮立ちさせます。

3. 器に盛り、お好みでパセリを散らします。

いかがでしたか?

節約食材を組み合わせて、時間も手間もかけずに、おいしい晩ごはんを作りましょう♪