夏休み後に「学校に行きたくない」と言われたら?連休明けブルーの対処法

子育て・ライフスタイル

楽しかった休みが終わり、いざ学校がスタート!というタイミングで「学校に行きたくない」と子どもが言い出す、いわゆる"連休明けブルー"は、夏休み後に見られやすい現象です。

不登校にならないか心配になりながらも、無理矢理行かせていいものかどうか悩む、子どもの連休明けブルー。

対処法と向き合い方を、一緒に考えていきましょう。

夏休み後の「連休明けブルー」対処法
①まず子どもの気持ちを理解する

のんびりマイペースで毎日を過ごしてきた子どもにとって、決められたリズムでまた生活しなければならないプレッシャーがかかる夏休み明け。

大人だってブルーな気持ちになるわけですから、子どもが連休明けブルーになるのも、少なからず気持ちがわかりますよね。

また悲しいことに、子どもの自殺が夏休み後に増える……という報告もあるんです。

とはいえ、このまま学校に行かなくなるのも考えもの。

まずは、ブルーになってしまう子どもの気持ちを理解するところから始めましょう。

夏休み後の「連休明けブルー」対処法
②なりやすい理由は?

連休明けブルーを原因別に考えると、大きく次の3タイプに分けることができます。

①無気力タイプ

②不安・甘えタイプ

③人間関係のトラブルタイプ

「無気力タイプ」の場合には、頑張って学校に行かせれば、ケロッとしてまた通い出すこともしばしば。

また、学校へ行ったことを褒めてあげれば、子どもの自信へとつながります。

2つ目の「不安・甘えタイプ」の場合は、親がじっくりとその気持ちを聞いてあげるところからスタートしましょう。

あまりにも不安が強いようなら、カウンセリングというサポートを利用するのも、ひとつの解決策です。

連休明けブルーで、特に対処法を注意して考えたいのが、いじめなどの「人間関係のトラブルタイプ」。

最初に相談した大人が、子どもの気持ちを無視した対応をとってしまえば、心を閉ざしてしまうこともあります。

親だけでなく、学校関係者や第三者も交えながら、問題解決への道筋を探りましょう。

夏休み後の「連休明けブルー」対処法
③初日から無理に学校に通わせなくてもいい

夏休み後の連休明けブルーに陥っている子どもに、初日から無理に学校へ通わせようと親自身がプレッシャーを感じてしまうのは、考えものです。

対処法としては、

「初日くらい行かなくてもいいでしょう」

とおおらかに構えつつも、子どもの気持ちに共感を示してみましょう。

子どもも、気持ちをわかってもらえたことが嬉しくなって、学校へ行く気になってくれるかもしれません。

夏休み後の「連休明けブルー」対処法
④「早く!早く!」と急かしすぎない

のんびりとした夏休み中のペースから、学校のペースにガラッと切り替えるのは、子どもにとってなかなか難しいもの。

親としては、見ているだけでやきもきしてしまいますが、「早くしなさい!」と急かしすぎないようにしましょう。

連休明けブルーの対処法としては、子どもが徐々に学校のペースに慣れることができるよう、少し余裕のある段階で、学校の準備や支度などの声かけをしてみましょう。

休み明けは時間がかかるものと最初から思っていれば、親としてイライラしてしまうこともなくなります。

夏休み後の「連休明けブルー」対処法
⑤新学期のスタートから3日間は要注意

夏休み明け、新学期がスタートしてから3日間は、通い始めたからと安心せずに、子どもの様子に注意を払ってみましょう。

いつもと様子が明らかに違う場合は、人間関係などのトラブルや悩みに、子どもが深く追い込まれている場合もありえます。

対処法は、学校の先生に相談する、無理に学校に行かせないなど、子どもの心を守る対応がベスト。

休み明けしばらくは、子どもの様子をきちんと見守りましょう。

大人でもなることがある、連休明けブルー。

夏休み明けは、特になりやすいタイミングではありますが、「いつものことね」と高を括ってはいけません。

異変があれば、きちんと対応できるよう、正しい対処法を頭に入れておきましょう。