不調が現れる前に!【薬膳的】春にオススメのデトックス食材とは?

美容

暖かい日が増えてきて、少しずつ春らしくなってきました。スーパーでも、色とりどりの春野菜が並んでいると、嬉しくなりますよね。

今回は、デトックスするための食材をFOODandLIFEの佐藤が、薬膳の観点からお伝えします。

薬膳から考える「春」とは?

寒い冬から暖かい春になると、自然界では、木々が芽吹くようになります。私たち人間も、冬の間に溜め込んだものを循環させ、排泄する時期になります。

しっかり排泄してデトックスすることで、春に起こる不調を軽減することができます。

薬膳では、季節と臓器にも繋がりがあると考えられています。その中でも春は、臓器の「肝」と関わりが深い季節です。

「肝」は、自律神経や消化の気の流れ、血液の貯蔵などを管理しています。そのため、ストレスなどで「肝」の気の流れが悪くなることで、イライラ、気分が鬱々とする、のぼせやほてり、目の充血、食欲不振などの不調が現れることがあります。

春は、特にこの「肝」の気の流れを良くすることが重要です。

〈春〉デトックスにオススメの食材①「肝」の気の流れをよくする食材

まずはじめにご紹介する食材は、「肝」の気の流れを良くする食材です。

①セロリ
セロリは一年中目にしますが、この時期、特にオススメです。「肝」の働きを正常に保ち、余分な熱を冷ましてくれます。イライラを解消し、気持ちを落ち着けてくれる作用も!

セロリの独特の香りも、気持ちを落ち着けるのに効果的です。

②春菊
気を巡らせて、イライラやのぼせ、頭痛を改善してくれます。鍋やすき焼きに入れることが多いですが、あえ物やお味噌汁にして、ぜひ召し上がってくださいね。

③菊の花
眼の症状に特に効果があり、眼精疲労、ドライアイを改善します。さらに眼の不調に伴う頭痛、めまい、のぼせにも効果があります。

生食用は、あえ物やお吸い物、ちらしずしに混ぜると彩を足してくれて、見た目も華やかになります。

中国では、乾燥させてお茶として飲まれています。少し苦味がありますが、イライラを鎮める効果は高いですよ。

〈春〉デトックスにオススメの食材②解毒効果のある食材

薬膳の観点では、冬は寒さから身を守るためゆっくりと過ごす時期ですが、
春 は、活動量も増えて、デトックスしやすい時期と言われています。

先ほど「肝」の気の流れについてお伝えしましたが、ほろ苦い食材や山菜などをいつもの食事にプラスして、気の流れを調整し、デトックス効果を高めましょう。

代表的な食材である菜の花は、肝の機能を整えて、のぼせやイライラを抑えてくれます。また、血行を改善し、老廃物を排泄してくれる効果もあります。

「春」に気を付けたい食材とは?

これまで、デトックスにオススメの春食材をご紹介しましたが、気をつけた方がいい食材もあります。

それは、辛いもの。
春は、「肝」の気が上がりやすい季節にあたり、辛い物を摂りすぎると、気がさらに上にあがり、カッカして、のぼせや頭痛を引き起こすことがあります。

元々ほてりやすい方は、摂りすぎに注意してくださいね。

玉葱、生姜なども辛味に属します。玉葱、生姜には温める作用があるので、寒さからくる風邪を体表から追い払うのには効果的で、非常に素晴らしい食材ではありますが、肌に痒みがある場合、温めることで体表に作用し、痒みが悪化することがあるので、注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。春のデトックスにオススメの食材をご紹介しました。

私も先日、急に肌の乾燥や湿疹が現れてしまいましたが、季節養生のポイントを思い出してケアをしていたら、治りました。不調が出た時にも、ぜひ参考にしてみてくださいね。