素敵女子なら知っている!憧れ食器ブランド4選♡

インテリア

毎日の生活を豊かに♡おもてなしをランクアップさせてくれる!
そんなお気に入りの食器を見つけてみませんか?

ポーセラーツで好みの食器を作るのが趣味なほど、私は可愛い食器が大好き♡
そんな私の憧れ食器ブランドをご紹介させてください*\(^o^)/*♪

憧れブランド①HEREND(ヘレンド)♡

出典:marketing.herend.com

私のナンバー1憧れブランド「HEREND(ヘレンド)」をご紹介します♡

ヘレンドは1826年、ハンガリーの西の端、オーストリアとの国境近くに誕生しました。皇帝フランツ・ヨゼフやエリザベート妃をはじめ、多くの王侯貴族に愛され、ヘレンドの名を広めていきました。

伝統が築く信頼はもちろんですが、魅力はその可愛いらしいデザイン!
蝶々の取ってやバラの蕾をポイントにした乙女心をくすぐるデザインに心がトキメキます♡

憧れブランド②Aynsley(エインズレイ)♡

出典:www.aynsley.co.uk

気品溢れるゴールドエンボスの装飾が美しいAynsley(エインズレイ)は私の最愛ブランド♡

1775年スタッフォードシャーにて設立されました。作り上げる工程のひとつひとつが最高の技術を持った職人によって丹念に時間をかけた手作りで行われています。 高い技術と伝統を守るスタイルはヴィクトリア女王にも大変高い評価を受けました。
ダイアナ元妃の成婚時にもエインズレイの陶花が選ばれています。

とにかく華やかで、気品溢れるデザインと佇まいはティーカップの女王様♪

特に「オーチャードゴールド」は、カップの内側に手書きのフルーツが描かれているなど豪華絢爛!私もこのシリーズのファンでカラフルなカップをコレクションして宝物にしています♡

憧れブランド③wedgwood(ウエッジウッド)♡

皆さんご存知のWedgwood(ウェッジウッド)もやっぱり素敵です☆

1795年、英国陶工の父と讃えられる天才ジョサイア・ウェッジウッドが創設。以来、他の追随を許さない技術と感性で、数知れない傑作を輩出しています。 ウェッジウッドが築きあげてきた高い品質と信頼、芸術性の高さは、英国王室だけでなく全世界の王侯貴族たちにも愛され続けています。

画像のジャスパーシリーズに代表されるウエッジウッドブルーとも呼ばれる、ブルーを基調とした爽やかで上品な世界観は憧れ♡

箱まで可愛いので、お祝いのプレゼントなどにもピッタリですよ*\(^o^)/*!

憧れブランド④Royal Albert(ロイヤル・アルバート)♡

出典:www.royalalbertpatterns.com

ミランダカーコラボで注目を集めたことが記憶に新しいRoyal Albert(ロイヤル・アルバート)♡

イギリス1896年創業の老舗ブランド。 創業の翌年にはビクトリア女王即位60周年記念の記念品を依頼され、1904年に「ロイヤル」の称号を得ました。 「最も英国的な王室御用達のテーブルウェア」として世界50カ国以上で愛され続けています☆

可愛らしいデザインを得意とするロイヤルアルバート♡
若い世代にも親しみやすいデザインを展開し可愛いデザインの宝庫です。

芍薬に蝶を舞わせたシノワズリっぽいデザインのミランダカーコラボは本当に可愛い!

どれも伝統ある素晴らしいブランドばかり♡
HPには紹介しきれないほど沢山の、素敵なデザインがいっぱいなので見るだけでも楽しいですよ〜♪

こんなティーセットで優雅にティータイムを楽しみたいっ(o^^o)!

自分で使うのはもちろん、
結婚祝いや引っ越し祝いなどに贈ったりしても絶対喜ばれますよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。