食べ合わせ&調理法で変わる!バナナの栄養価を効率よく摂取する方法

グルメ・レシピ

栄養価が高いことで知られる“バナナ”。手軽に食べられる健康フルーツとして人気ですね。
そんなバナナは、食べ方や合わせるもので効果が変わることをご存知でしたか?
今回は、バナナの栄養価を効率よく摂取する方法をご紹介いたします。

バナナの栄養価を効率よく摂取する方法①バナナの栄養価とは?

昔から栄養価が高く、健康に良いと言われているバナナ。実際にはどんな効果があるか、ご存知ですか?

消化が良いのに腹持ちが良く、すぐにエネルギーに変わってくれるバナナは、忙しい日のパワーチャージに最適です。

また、バナナには筋肉の働きを高めてくれる効果もあるので、ジムやトレーニングなどの運動前にも大活躍です。カリウムを多く含むので、利尿作用があり、むくみ解消にもオススメ☆

その他にも、腸内環境を整えてくれるなど、嬉しい効果がたくさんあります。

バナナの栄養価を効率よく摂取する方法②生で食べるなら…

引用:erecipe.woman.excite.co.jp

栄養価の高いバナナは、食べ方や調理法によって期待できる効果に差が出ます。

例えば、生のままいただくなら、ヨーグルトとはちみつを合わせることで、栄養価がup!

食物繊維を豊富に含んだバナナと、乳酸菌を含んだヨーグルト、さらには善玉菌のエサとなるはちみつを同時に食べることで、全てが相乗効果で整腸作用を高めてくれるんです♡

朝食の定番であるこの組み合わせには、ちゃんと理由があったんですね。

バナナの栄養価を効率よく摂取する方法③冷凍するなら…

バナナは、冷凍することでポリフェノールが増えることをご存知でしたか?

ポリフェノールには、抗酸化作用があり、アンチエイジングや血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

冷凍するときには、あらかじめバナナを輪切りにしておくと便利。ココナッツミルクをかけて食べたり、グリーンスムージーにして他のフルーツや野菜と一緒に食べるのが、オススメです。

バナナの栄養価を効率よく摂取する方法④加熱するなら…

引用:news.ameba.jp

それでは反対に、バナナを加熱するとどうなるのでしょう?

バナナは、熱を加えるとオリゴ糖が増して、整腸作用がupするんです!
冷たいままでは冬は食べにくいという方は、ホットバナナでお腹の調子を整えましょう、

皮ごとトースターで加熱し、皮が真っ黒になるくらいが食べごろ☆
甘みも増すので、何もかけなくても美味しく食べられてヘルシーですよ♪

いかがでしたでしょうか?
栄養価の高いバナナを、もっと効果的に取り入れる方法をご紹介しました☆
ご自身の体調に合わせて、ぜひ参考にしてみてくださいね。