夫婦円満のために……彼の”小さなSOS”を見逃さないで!

子育て・ライフスタイル

ある日突然、だんな様からの離婚宣告!

「もう無理」「ずっと我慢していたんだ」と……。

こんなことにならないために、気をつけるべきこととは、なんでしょうか。一緒に考えてみませんか?

どうしてもっと早く言ってくれなかったの?

付き合っていた時は、とても優しくて、どんなわがままも聞いてくれていた、だんな様。

ラブラブとまではいかなくても、普通に円満な夫婦だと思っていたのに、ある日突然、「離婚して欲しい」と言われた……。

こんなケースは、珍しくありません。

女性にとっては、まさに晴天の霹靂。後ろから頭をガーンと殴られたようなショックです。

「なんで?どうして?」とパニックになってしまうかもしれません。

そんなにイヤになる前に、「君のそういう所、困るんだよね。」とか、「そういうことされると、イヤなんだ。」など、その場その場できちんと伝えてくれればいいのに、と思いますよね。

オトコはぎりぎりまで不満を溜め込む

ところが、男性はたいていの場合、自分の気持ちを把握するのが苦手なので、奥さんのどういう所がイヤなのか、どうしてもらいたいのかを、うまく表現できないようです。

何か分からない不満を自分の中で溜め込んで、それが、どんどん膨れ上がってしまいます。

ネガティブな思いが限界に達すると「もう無理、離婚しかない!」となるのです。

しかし、こうなる前にだんな様をよく観察していると、ちょっとずつ、気になる発言や行動をしていたハズなのです。

彼の”小さなSOS”を見逃さないで!

「俺は君の何なの?」「オレがいなくても幸せでしょ?」などの言葉。前ほど目を合わせなくなった、よく怒るようになった、帰りが遅くなった……など。

これが、だんな様の”小さなSOS”です。

だんな様がSOSを出している時に、真剣に受け止め、早く話し合いをするなどの改善に乗り出せば、修復できる可能性は多くあります。

ところが、きちんと向き合わないまま放置していると、いつのまにか夫婦の間に大きな溝ができてしまいます。

そして、知らない間に、彼の心は手の届かないところへ飛んでいってしまうのです。

一旦だんな様の気持ちが離婚の方へ傾いてしまうと、それを撤回するには、大きなエネルギーと時間がかかります。

夫婦関係は「庭のお手入れ」と同じ!

日頃、子どものお世話や仕事の忙しさに、夫婦のことはついつい後回しにしがちですが、本来、夫婦の関係は、子どもの発育にも、家庭経済にも最も影響を与える、家族の幸せの土台となるもの。

日頃から、お互いへの心遣いを忘れないようにしましょう。

だんな様の好きな料理を作ってあげる。
愛情や感謝の言葉を、きちんと伝える。
二人だけの時間をとってデートする。
スキンシップを忘れない。
気にかかることがあれば、放置しないで早く対処する。

など、夫婦関係は、庭のお手入れと同じです。

お花に毎日水をやり、虫がついてたらすぐに取ってあげ、雑草を刈ってお手入れするように、夫婦関係も、手抜きをしないで、丁寧に育てていきたいものですね。

だんな様に離婚を宣言されてしまう前にできる修復方法をご紹介しました。

男性は、女性と違って、相手への不満や要望をうまく言えず、ぎりぎりまで溜め込んでしまいがちです。

だんな様の小さなSOSをキャッチしたら、早め早めに対処して、夫婦円満を目指しましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。