実は冷凍できるんです♡冷凍保存に不向きな食材をフリージングする裏技!

グルメ・レシピ

ついつい買い物しすぎて食べきれず、とは言え冷凍させることもできずに困ってしまった!
きっと誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。
今回は冷凍できないと思っていた物を、ほんのひと工夫させることで冷凍庫に入れられるようにする裏技をご紹介します!
冷凍庫スペースを有効活用させて無駄ナシ冷蔵庫を目指しましょう♪

冷凍保存に不向きな食材をフリージングする裏技① 卵

引用:www.recipe-blog.jp

意外と使いきれずに、期限が切れてしまうことがある卵。

生卵を冷凍させると、殻にひびが入ってしまったり卵黄が固まってしまったりします。またゆで卵も、白身の部分がカピカピになってしまうためおすすめできません。

そんなときには是非、錦糸卵や炒り卵、フレンチトーストなどにしてください!
錦糸卵を事前に作って冷凍しておくことで、冷やし中華を作りたいときにもわざわざ卵から作る必要もなく、冷凍しておいた物を解凍させるだけでOK。

お弁当のそぼろご飯に冷凍しておいた炒り卵を乗せれば、朝のお弁当準備の時短に繋がります♡

そしてフレンチトースト。今すぐ食べなくても、卵が余っているなら作ってください!焼きあがった物を熱いまま冷凍庫で急速に冷凍させましょう。食べたいときに室温で解凍して、フライパンで温めなおせば美味しいフレンチトーストがすぐに出来上がりますよ♪

冷凍保存に不向きな食材をフリージングする裏技② 牛乳

引用:allabout.co.jp

牛乳も、すべて飲みきれなかったということが我が家では良くあります。そこで使う裏技は、「ホワイトソースにして冷凍する」ということ!

もちろんそのまま冷凍することが難しい牛乳ですが、ホワイトソースに作り変えれば冷凍できてしまうのです♡

ホワイトソースを作ったら粗熱をとり、ジップロックなどの保存袋に入れてきちんと密閉。平らの状態で凍らせれば、冷凍庫の中で場所をとることもありませんよ♪

また使う時には電子レンジで解凍します。
作る料理に合わせて最終的に牛乳で好みの濃度に仕上げれば、様々な料理に役立ちます。とてもオススメです◎

冷凍保存に不向きな食材をフリージングする裏技③ だし汁

引用:www.marukome.co.jp

え、だし汁まで!?と、驚いた方も多いかもしれませんね。

美味しいだし汁が余ってしまったとき、処分してしまうのはもったいないです!

そんなときには、きちんと冷まして、製氷器に流し入れ凍らせます。そして凍らせたら外して、ジップロックなどの保存袋に移して、そのまま冷凍庫で保管しておいてください。

自分の家の製氷機に何ccの液体が入るのか把握していると、出汁を使った料理をするときにわざわざ計量する必要もありません。凍っただし汁を必要な分だけ取り出して、そのまま使うことができて便利です(*^^*)

冷凍保存に不向きな食材をフリージングする裏技④ アンチョビ缶

引用:www1.enekoshop.jp

少しオシャレなドレッシングを作ったり、自家製のバーニャカウダーを作るときなどに使うアンチョビ。少しだけしか使わず、残りを缶のまま冷蔵庫に戻して、気づいたら時間が経って食べられなくなってしまった……。

こんな経験、ありませんか?
頻繁に使う食材ではないからこそ、冷蔵庫に戻しておいたことさえ忘れてしまうんですよね。

アンチョビはそのまま冷凍することができます。
サランラップに1本1本丁寧に間隔を空けながら並べていきます。そしてその上からサランラップを重ねて急速冷凍すれば、使いたいときにに少量ずつ使える嬉しいアンチョビストックの出来上がりです◎

いかがでしたでしょうか。
今回の裏技を活用すれば、まとめ買いだって怖くありません!
時間に余裕があるときに、保存のひと工夫を繰り返すことで、充実した冷凍庫が出来上がります。
食べ物を無駄にしないだけでなく、忙しい日の救世主になってくれるはず!
今日からぜひ早速実践してみてください♡