実は万能!飲んで美味しい「烏龍茶」のエコで便利な使い方

インテリア

皆さんご存知の通り、「烏龍茶」は日本のお隣・中国で生まれたお茶です。
日本茶と茶葉は同じですが、独特の風味と味、濃い色が特徴ですよね。
今回は「烏龍茶」の便利な利用方法や、エコな使い方をご紹介します♪

「烏龍茶」の凄い成分って?

「烏龍茶」は中国や台湾で飲まれている、最も有名なお茶で、日本でも人気のあるお茶です。

烏龍茶に含まれるウーロン茶ポリフェノールという成分は、なんと、脂肪の吸収を抑えて脂肪分解を促進する働きがあります。
そのため、「烏龍茶=ダイエット」というイメージを持つ人も多いですね。

烏龍茶は飲料として使用するだけでなく、様々な使い方が可能なんです。それでは、烏龍茶の便利な利用方法をご紹介します♪

「烏龍茶」のエコで便利な使い方①しっとりポカポカ♡烏龍茶風呂

烏龍茶にはウーロンタンニンという成分が含まれています。

このウーロンタンニンには、保湿効果や痒みを沈める効果があり、アトピー肌の改善に効果的と言われています。

また、保温効果が高いため、冬のお風呂の入浴剤代わりにピッタリなんです♪
烏龍茶風呂は、市販の烏龍茶パックを使用して、そのままお風呂に入れて入浴すればOKです!

「烏龍茶」のエコで便利な使い方➁掃除に使えて消臭効果もある!

烏龍茶に含まれる重合ポリフェノールには、油分を分解する働きがあります。
例えば、車の窓ガラスに付着した油膜を落としたり…なんて時に有効なんです。

烏龍茶をタオルに染みこませて、ささっと窓ガラスを拭くと、油膜が取れます!
烏龍茶を飲む時に、少しだけ車の掃除に使用しても良さそうですね♡

また、烏龍茶の茶葉には臭いを吸収する働きがあります。
使用済みの茶殻(ウェット状のもの)を、タバコの灰皿やゴミ箱に入れておいてみてください。

茶殻を乾燥させたものも、消臭に効果抜群です。
使用済みの茶殻を乾燥させて、下駄箱や靴の中に使っても良さそうですね♪

「烏龍茶」のエコで便利な使い方③食べたり飲んだり…そして虫歯予防もできる!

引用:snapdish.co

”烏龍茶炊き込みご飯”はご存知ですか?烏龍茶で作った炊き込みご飯は、さっぱりした味付けになります。

作る際に、味付き昆布を使用すると、コクと出汁が出るのでオススメです。烏龍茶を飲む時とは違った風味の味に変身しますよ♪

烏龍茶炊き込みご飯に必要な材料は
・烏龍茶
・お米
・味付き昆布
・ごぼう
・人参
・鶏肉
など、普通の炊き込みご飯と変わらない具材でOKです。
作り方も普通の炊き込みご飯と同じです。

また、一度使用した茶葉は味が薄くなってしまいますが、2回目の茶葉はうがいやすすぎに使用すると良いそうです。

口臭や虫歯の予防になりますよ♡

いかがでしょうか?
「烏龍茶」は中国で愛されているお茶ですが、日本人にもピッタリなお茶です。
飲んだ後の茶殻も様々な便利なことに再利用が可能なので、とってもエコですね♪