子どもがいてもラブラブ夫婦♡真似したいポイント4選

子育て・ライフスタイル

恋人同士だった頃や、子どもが生まれる前はとっても仲良しでラブラブだったのに…子どもが生まれてからは完全なる『パパとママ』。いつの間にか異性としての愛情も薄れ…夫よりも子供が大事、そしていつしか『亭主元気で留守がいい』。
そんな風になる前に…子どもが生れてからも仲良しでラブラブな夫婦に学ぶ、マネしたいポイントを4つ紹介します♡

笑顔で可愛く♡いってらっしゃい&おかえりなさい

1つめのポイントは毎日笑顔で『いってらっしゃい&おかえりなさい』を言うことです。
ちょっとくらい寝不足な朝でも、元気な笑顔で『いってらっしゃい』と旦那様を送り出してあげましょう。奥様の笑顔が旦那様の1日のエネルギーです。

そして1日お仕事を頑張って疲れて帰ってくる旦那様へは優しい笑顔で『おかえりなさい』と出迎えてあげましょう。奥様の優しい笑顔で1日の疲れも癒えますね。

特に子どもが産まれて間もない頃は、睡眠時間もまともに確保できず『いってらっしゃい&おかえりなさい』を言うのも難しい…という状況に陥りがち。けれど、『いってらっしゃい&おかえりなさい』の1分だけは頑張って気合で玄関へ向かい、旦那様のお仕事中にたっぷりお昼寝しちゃいましょう。

共働きで『いってらっしゃい&おかえりなさい』が言えない…という奥様は、できる日だけでも充分です。旦那様が家を出る、又は帰る時間を見計らって『いってらっしゃい&おかえりなさい』をメールするのも良い方法です。

夫婦で一緒に♡いただきます&ごちそうさま

次のポイントは夫婦で一緒に『いただきます&ごちそうさま』を言うこと、つまり、夫婦で一緒に食卓を囲むことです。

子育て中は子どもの生活リズムに合わせることが優先になるのも無理のないこと。特に夕飯は子どもと一緒に済ませて、旦那様は一人でご飯…というお家も少なくないと思います。帰りの遅くなる旦那様に夕飯を合わせるのは健康的にもよくない、という事情もあるかもしれません。けれど一人きりの食卓は寂しいもの。せっかくの夕飯が寂しくてはなかなかお家に帰りたいとは思えないものですよね。

一緒に夕飯をとるのが難しい場合は、お茶を飲むなどして一緒に食卓につくだけでも大丈夫です。夫婦で一緒に食卓を囲めば楽しい話にも花が咲きますね。
どうしても夕飯は無理!というお家はせめて朝食、週末から頑張ってみましょう♡

たまには夫婦2人の時間を満喫する♡

3つ目のポイントは、たまには夫婦2人の時間を満喫すること、です。
乳幼児の育児中は何をするにも『家族で』になるのは当たり前のこと。子どもと一緒の思い出を作るのは何物にも変えがたい素晴らしいことです。

けれど、いつまでもラブラブで仲良しな夫婦でいるためには…たまには夫婦2人きりの時間を満喫することもオススメです。
おじいちゃんおばあちゃんに預けられればベストですが、難しい方はベビーシッターさんや、地域のファミリーサポート、一時保育を利用するのも手。実際にこれらのサービスはママの息抜きのために利用することを推奨している自治体も多く、ママが罪悪感を感じる必要は全くありません。
最初はちょっと心配になってしまうかもしれませんが、ママの手を離れる経験は子どもの成長にとってもプラスになるでしょう。

ちょっといいレストランでのお食事や映画鑑賞など、子どもと一緒では行きにくい場所でリフレッシュすると、夫婦の仲もグッとよくなり、また育児を頑張ろう!という気持ちになれるものです。
どうしてもお出かけは無理…という方は、子どもが眠った後に、家事は少しお休みしてゆっくり夫婦でDVDを観たり、晩酌にお付き合いしたりして、夫婦の時間を意識的に作るようにしましょう♡

お互いに1人の時間を尊重する♡

最後のポイントは、お互いに1人の時間を大切にすること、です。
日頃から育児に忙しいママは、たまには旦那様に子どもを預けて1人になる時間を作りましょう。ゆっくり美容室やネイルサロンに行ったり、友達と流行のお店でお茶をしたり新しいお洋服を買ったり…ママになってもキレイで可愛らしい女性でいるためには1人の女子に戻る時間も必要です。

同時に、普段からお仕事を頑張ってくれて、お休みの日には家族サービスをしてくれるパパにも、1人の時間を作ってあげることが大切です。ゴルフやサーフィンなどの趣味に没頭するもよし、喫茶店など落ち着いた空間でゆっくりコーヒーを飲みながら読書するもよし。仕事以外で1人の男性として充実した時間を過ごせるようサポートしてあげることも大切です。

お互いに1人の時間を充実させることは、いつまでも新鮮な関係を維持するためにはとても重要なこと。いつでもみんな一緒の仲良し家族はもちろんとっても素敵ですが、お互いに知らない一面を持って、いつまでもフレッシュな気持ちでいられる関係も素敵ですよね。

子どもが生まれると子ども中心の生活が当たり前、夫婦の関係は二の次…になってしまうお家も少なくありません。けれど、夫婦仲が良いことは子どもの発育に良い影響があることが分かっています。夫婦がラブラブでいることは子育てにとってもすごく重要なことなんです。

そしていつかは自分の元を巣立っていく子どもと違い、夫婦は一生の長い時間をともにするパートナー。常に良い関係でいられるよう、子育て中もラブラブでいられるポイントをしっかりおさえていきたいですね♡