夏バテ解消のコツ♪キーワードは「疲れることは午前中に」!

子育て・ライフスタイル

8月も終盤を迎え、体の疲れがたまってくる季節になりました。

夏バテしやすい今こそ、生活リズムを見直す良い機会でもあります。

一日を有意義に、そして少しでも疲れをためないように過ごすためには、「疲れることは午前中に」済ませると良いですよ♡

そこで今回は、夏バテに負けずにグンと暮らしやすくなるコツをご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.08.30

「無理をしすぎず、頑張りすぎない」自分をいたわる気持ちが大切♡

子どもを産むまでは、翌日に疲れを持ち込むことはそんなになかった……という方も、産後「どうも疲れがたまってしまう」と感じていませんか?

自分ひとりだけの時間を過ごせるわけではない今、その暮らしをどう過ごしていこうかと考えることは大切ですよね。

かといって、現実の自分の環境を大きく変えてまで新しいことにチャレンジをしたり、急にやる気を出して張り切りすぎたりというのも考えもの。

まずは「無理をしすぎず、頑張りすぎない」を合言葉に、自分をいたわる気持ちを持ちましょう♡

「気の持ちよう」は大事♡諦めることは老いの始まり!?

自分をいたわる気持ちを持つのは、なかなか難しいもの。

つい、自分を追い込んだり、ストイックであることが「良いこと」なように思えてしまう時もあります。

ただ一つ言えることは、「気の持ちよう」はとても重要なカギを握っているということ。

ものごとを「ムリムリ!」と諦めてしまったり、「私の人生はこんなものかな?」なんて守りに入るのもNG!

そうした諦めの気持ちは、老いの第一歩になってしまいますよ。

老いを防いで賢く生きるには「少し」の変化が重要♡

自分をいたわりつつ、諦めないように努める……。なんだか、難しいことのように感じてしまった方はいませんか?

あまり肩ひじを張らず、自分の中で「少し」の変化を意識してみましょう♡

そのためには、「少し」かしこくなり、「少し」丸くなることが重要です。

例えば、他人の話の全てを鵜呑みにし、ストレスを感じながら実行する必要はありません。

そして、すべてのものごとに期日を決めて、キチキチと進める必要もないのです。

そういう意味での「少し」の変化を意識すれば、子どもと過ごす時間・家族と過ごす時間も有意義なものになりますよ。

「疲れることは午前中に」のスタンスで、生活が一変!

では、具体的にどのように考え方や過ごし方を変えていくべきなのでしょうか。

家事に関しても暮らしに関しても、「疲れることは午前中に」のスタンスでいるのがオススメ!

午前中は疲れがなく元気で、頭も回り、集中力もあります。そのうえ、気持ちも安定していますよね♪

できるだけ早起きを意識して、やるべきことをできるだけ午前中に済ませられるように、頑張ってみましょう。

もちろん、全てをこなそうと思わなくてOK!

いつもより少しでも多くのことを午前中にできれば、必然的にその分、午後以降はゆっくりとした時間を過ごすことができるはず♡

「時間を有効活用しよう」と意気込んでしまうと上手くいきませんが、「早起きを意識して、午後からのんびりしよう」という考え方にチェンジするだけで、生活は一変しますよ。

どんな生活だとしても「気の持ちよう」は、自分のモチベーションを大きく左右します。

「疲れることは午前中に」を言い聞かせて、ちょっぴり贅沢なのんびり時間を過ごす工夫をしてみてはいかがでしょうか?

2016.08.30 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。