オーストラリアで学ぶmacadamia(マカデミア)♪

旅行・おでかけ

以前マカダミアナッツサイトの撮影で、マカダミアナッツのルーツを知るため、オーストラリア取材撮影へ訪れました。
皆さんはハワイ=マカダミアナッツとイメージがありますが、オーストラリアが原産国なんですよ。

マカダミアナッツって?

マカダミアはヤマモガシ科の植物で、園芸植物として人気のあるプロテアと同じ仲間です。
学名を"Macadamia integrifolia"と言い、オーストラリア東部のクイーンズランドが原産。

英名は"Macadamia(Queensland Nut)"、和名はクイーンズランドナットノキと呼ばれますが、一般にはマカダミア、もしくはマカダミアナッツの木と呼ばれています。

マカダミアナッツ農園

オーストラリアを訪れ、マカダミアナッツ農園の見学をしてきました。
広さは200エーカで、もう~とにかく広いです。

こちらの農園には日本で観られる鳥居もありました(驚)
なぜ鳥居があるのかというと、こちらの農園の方はとっても日本にご興味があり、鳥居は人の領域と神聖なる神様の領域の境に立て、神域を示す一種の門で水の神様だと教わったことから、守り神として鳥居をたてたそうです。

マカダミアナッツの花

マカダミアの木は6mから15mほどで、長さ12cmから15cmほどの白に近い淡黄色・濃いピンク色の花をつけます。

こちらがマカダミアの花です。
どの花にもミツバチがいて、盛んに蜜を集めています。
この農園でも受粉にはミツバチの力を借りて集合させてつけ、葉は細長い波状で、密生してつきます。

成長して実をつけるまでには8年ほどかかるそうですよ。

マカダミアに様々な種類があるそうです

みつばちが受粉した後に花が枯れ、やがて鈴なりの実を結びます。
マカダミアの木だとわからなければ、柑橘系の果物と勘違いしてしまいそうですね。

これは食べられません。殻が茶色に変色してからだそうで、収穫期には直径2.5cmほどの丸い殻を持った実が自然に落下し、林床には無数の実が散らばります。

マカダミアに様々な種類があるそうですよ。

固いからにつつまれたマカダミアナッツはかなりの時をへて、変色してようやく食用できるようになります。
マカダミアにはたくさんの効能があり健康でヘルシー!レシピも次回紹介するので是非チェックしてみてくださいね!