簡単・美味しい・おしゃれ♡《手作りチョコ》のお助けアイデア

グルメ・レシピ

「今年はどんなチョコを作ろう?」や、子供たちの「お友だちにバレンタインチョコ作りたい!」の声が聞こえてくる時期です。

作る気持ちはあっても、できたら「簡単なのに、美味しくて見栄えのいいもの」がいいな……なんて思ったりしますよね。

今回は、売り物のようなチョコレートが簡単に作れる、嬉しいお助けグッズ&アイデアをご紹介します♪

簡単・美味しい・おしゃれ♡「手作りチョコ」のお助けアイデア

本命チョコはさておき、たくさん配る友チョコは、簡単で美味しく、でもおしゃれに済ませたいもの。

1粒ずつ作る細かい作業を省き、パレットに流し込んで一度に大量に作れるのが嬉しい生チョコ。

とろける美味しさは、バレンタインの定番チョコの代表格です。

甘く濃厚なホワイトチョコと、ほろ苦いビターチョコの2色を、ボックスに格子柄に詰めれば、華やかさとおしゃれ度が増しますね♪

溶かしたチョコレートを直接流しこんで固めれば、作業も省けて時短が叶います。

また、型取りで失敗する心配もなし!

このほかに、ドライフルーツをトッピングしたり、トッピングを1種類に揃えることで、シックな仕上がりになります。

ピスタチオやフリーズドライのいちご、ナッツなど、全てのトッピングを変えると、ポップで華やかなバレンタイチョコの完成です。

シリコンモールドを使えば、こんな可愛いフィギュアチョコもらくらく♡

「型から外すときに細かいパーツが折れちゃった!」なんて悲しい思いも、シリコンが解消してくれます。

流し込むだけで、型もラッピングの一部として可愛さをプラスしてくれるのが、プラスチックのスプーンチョコ。

アラザンなど小さなパーツをトッピングするのは、子どもも大好きな作業♡

そのまま食べたり、溶かしながら飲むチョコレートドリンクとして贈れば、他のお友だちと被らないバレンタインチョコになりそうですね。

お菓子作りが好きな方は、クッキーから焼くのもアリ!

手作りクッキーにチョコレートをコーティングすれば、周りと差のつく手作りチョコの完成です♡

材料を混ぜるだけのチョコレートなら、とっても簡単!

マシュマロ、ナッツ、ドライフルーツを混ぜ込むチョコレートは、見た目も味も抜群♡

カットした断面から、美味しさが溢れ出しそうですね♪

周りと差をつけたい方は、カラフルなパレットチョコや、エディブルフラワーで飾った女子力高めなチョコレートもおすすめです。

ブルーやグリーンは、食紅で簡単に色づけできるので、他にはないフォトジェニックなチョコを楽しめますよ♪

チョコレート用の「転写シート」を使えば、プロ並みのデザインチョコが一瞬で完成!

チョコレートをコーティングしたら、転写シートをのせて乾かし、余分な部分をカットするだけの手軽さ。

簡単なのにパティシエ気分が味わえます♪

市販のウエハースの半分にチョコを付けて、転写シートでデザインをすると、こんなにキュートな仕上がりに♡

ウエハースにチョコやアーモンドスライスをサンドして、ちょっとリッチにアレンジすれば、見た目がより華やかになり、美味しさもUPします。

チョコレート用の転写シートには、あらかじめ型に転写シートが小分けになって付いているタイプもあります。

チョコレートを流し込むだけで、おしゃれなラッピングチョコの完成♡

マイメロちゃんなどのキャラクターものや、大人向けのシンプルなラインデザインなど、バラエティ豊かに揃っています。

シリコンカップを使って、簡単にキュートなデザインチョコも作れます。

溶かしたチョコをシリコンカップに流し込み、7割程度固まったら、チョコレートコーティングしたコーンフレークをのせて、固まればOK!

いろいろな組み合わせで、カラフルに楽しみたくなる可愛さですね♪

鈴カステラや、たこ焼き器で焼いたホットケーキにチョコレートをコーティングすれば、フォトジェニックなロリロップが完成♡

「手作り?」とびっくりされそうなスイーツも、グッズとアイデア次第で手軽に作れます。

友人を呼んでのバレンタインお茶会なら、やっぱりチョコフォンデュが1番!

ビタミンたっぷりで、さっぱり食べられるフレッシュフルーツは、子どもも大人も大好きですね♪

ちょっと気が重かったバレンタインチョコも、ちょっとしたグッズを使うことで、簡単に美味しく、おしゃれに作ることができます。

ぜひ試してみてくださいね♪