『とと姉ちゃん』で大反響!"薄幸の美人"木村多江さんの壮絶な人生

子育て・ライフスタイル

2005年に広告代理店の男性と結婚し、一児の母として仕事と家庭の両立をしている、木村多江(きむらたえ)さん。

現在放送中のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』では、未亡人となった妻役を演じ、反響の電話が殺到したほど。今、話題の女優さんとなっています。

"薄幸の美人"と評され、活躍の場を広げていますが、女優としてブレイクするまでには大変な苦労があったとか……。

そんな木村多江さんの苦労と、現在、その美しさを保っている秘密をご紹介します。

20代後半まではアルバイト生活

出典:yougooffice.com

高校時代から女優を目指し始めた木村多江さんですが、その道のりは決して楽なものではありませんでした。

裕福なご実家で育ちながらも、女優の道を進むことを親に反対され、自分の生活費は全てアルバイトで稼いでいたそうです。

ホテルやレストランなどの様々な職を経験し、働きづめの毎日でしたが、生活は苦しく、睡眠時間が1〜2時間だった時もあったそう。

上品で、おしとやかな性格からは、とても想像できないですよね!

舞台女優として活動後、テレビの仕事も始めたことでその演技力が注目され、ブレイクしました。

「コンプレックスから整形まで考えた」

出典:www.oricon.co.jp

小さい頃から自分に自信がなくて、人前に出るのも注目されるのもイヤだった、木村多江さん。

さらに、自分の容姿へのコンプレックスが強いあまり、女優として生き残るために目の整形まで考えたそう。

今では、その切れ長の目が魅力的と言われていますが、自分はどうしてもイヤだったとか。

ですが、お金がなかったこともあり、まずは美人と言われている女性の仕草や身のこなしを研究することから始めたそう。

木村多江さんの上品で美しい姿は、こうした努力から生まれたんですね。

さらに、フリーで女優活動をしていた時代には、人に騙されてお金を取られてしまったことも……。

若い頃は、自分を主観でしか見ることができず、自分の存在意義に疑問を覚えることもしばしば。

しかし、徐々に自分の居場所を見つけることができ、このままでいいのだと思えるようになったそうです。

子育ては旦那さんの協力で乗り切れた

子育ては、家族の協力があるからこそ頑張れると語っている木村多江さん。

仕事柄、家に帰ると2時になり、3時頃にはお子さんが泣き始めてしまったりと、完徹で仕事に行くこともあったのだとか。

けれど、旦那さんがお弁当を用意してくれることもあったりと、お互いの仕事を理解して協力する関係が作り上げられています。

今でも、家事に追われてバタバタしているそうですが、結婚や出産を経たことで、心にゆとりが生まれたとも語っています。

45歳でも変わらない美しさを保つ秘訣

美の研究をしてきた木村多江さんは、ぬか床と梅干しを常備し、水は常温のものを摂っているそう。

ぬか漬けは栄養素も高く、乳酸菌によってエイジングケアも期待できます。木村多江さんのイメージに合った美容法ですよね♪

さらに朝食は、青汁や野菜などのジュースにし、食べ過ぎたときは朝食と昼食を酵素ドリンクにするなど、徹底した食生活を続けています。

他にも、体型をキープするためにパーソナルトレーニングをしていたりと、新しいものをどんどん取り入れるというよりは、自分に合っているものを継続することに重点を置いているとか。

体の内側から、健康的に綺麗にしていくことを心がけているようです。

様々なコンプレックスを、努力によって克服してきた木村多江さん。

「自分は美人ではないので、仕草が大切」と語っており、仕草一つで女性の魅力が変わるんだと勉強になりますね!

美しい上品さをぜひ、大切にしていきたいものです。