マスターすれば時短で済む♪お掃除を効率的に行う4つの方法

子育て・ライフスタイル

日々コツコツとお掃除をしているつもりでも、年末の大掃除に向けて、今から頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

大掃除に手間を取られないようにするためには、やはり日々のお掃除を効果的に行うことが重要です。
今回は、コレをマスターしておけば、お掃除が時短で済ませられる!という心得を4つご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2015.12.16

時短できる♪効果的なお掃除の方法①順番を守って掃除をする!

みなさんは普段、どのような順番でお掃除をしていますか?
目についた場所から始めてみたり、自分のすぐ周辺から始めたりする方も多いですよね。

せっかくお部屋をキレイにしようと思ってお掃除をしても、順番を守れていないと汚れが取りきれなかったり、二度手間になってしまうので要注意です。

基本的には、「上から下に」という順番を守ってお掃除をしましょう。天井や棚の上から始めて、ほこりが落ちきったら、最後に床掃除をします。

オススメの方法は、ひとまずお家全体の天井や棚の上のお掃除をし、全てのお部屋が終わったら、今度は床掃除をする、というものです。

こうすれば、はじめに天井や棚の上をお掃除したお部屋は、他のお部屋をお掃除している間に、ゆっくりと時間をかけてほこりが床へ落ちていきます。また、床掃除に関しては、お部屋の中心部から出入り口に向かって行うと良いですよ。

時短できる♪効果的なお掃除の方法②掃除機をかける前に、軽い拭き掃除を☆

出典:item.rakuten.co.jp

床にほこりが落ちきったら、さぁ掃除機をかけよう♪というのは、ちょっと早いんです!
なぜなら、いきなり掃除機をかけてしまうと、排気でほこりが舞い上がってしまうから。

それを防ぐためには、事前に床をサッと水拭きしたり、フロアワイパーで拭き掃除をしておきましょう。(次に掃除機をかけるので、あくまでサッと、軽くでOKです☆)

そして掃除機をかける際には、窓を2か所以上開けたり、換気扇を回すなど、空気の流れを作ることも大切ですよ。

時短できる♪効果的なお掃除の方法③「おまけ」掃除を心掛けて、汚れを溜めない!

大掃除を楽に済ませるために必要なのは、日々のちょっとしたお掃除の積み重ね。汚れやほこりは、気づいた時にすぐに落とす癖をつけておきましょう。

これは当たり前のように感じますが、実は意識していないとなかなか難しいもの。

汚れは、ついてすぐの方が落としやすく、後で掃除しようと思って放っておくと、手強い汚れに変身してしまいます。

時短できる♪効果的なお掃除の方法④乾燥していて晴天の日にお掃除を決行!

水拭きは、お部屋をキレイにするためには重要な作業なのですが、水が乾ききらなくてカビの原因になってしまう場合もあることをご存知でしたか?

それを踏まえると、晴れて乾燥した日は、絶好のお掃除日和と言えます。
掃除機がけなどで多少ほこりが舞っても、乾燥している日であれば家具につきにくいのです。そして、水拭きをしても、すぐに乾いてくれますよね♪

また、浴槽なども、晴天で乾燥した日であれば早く乾いてくれるので、カビ予防になります。

一つ一つは簡単なことでも、意識しておかないと、後回しにしがち。ご紹介した4つの項目を頭に入れておけば、年末に時間をかけて大掃除しなくとも、常にきれいなお家をキープすることができますよ♡

ポイントは、一度にお家のすべての個所を行うのではなく、場所や目標をあらかじめ決めて、ちょこちょこと進めていくことです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。